Chromebook 特徴

Chromebookの特徴について詳しく解説します。
HOME > Chromebook > Chromebookの特徴
メーカー別PC比較購入ガイド
  • パソコン徹底比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
DELL
Chromebookパソコンの特徴
ここではChromebookの特徴についてまとめています。

Chromebookとは?
メリット
デメリット
ChromebookとWindows PCとの違い
こんな人にお勧め
Chromebookとは?
Chromebookとは、Googleが提供するChrome OSを搭載したノートブックパソコンのこと。Chrome OSは、起動可能なChrome Webブラウザ。アプリケーションやデータをローカルではなく、ネット上に保存する仕組みになっています。つまり、ネットに接続してクラウドサービスを利用することを前提とした仕様になっています。
Chromebookの主なメリット
●高スペックでなくても使える
OSがChrome Webブラウザベースなので、それほど大きな負荷がかかりません。なので、それほど高スペックでなくても十分に使えます。
●価格が安い
高スペックでなくても使えるということは、ハードウェアにかかるコストを下げられるということです。なので本体価格を低く抑えることが可能。米国で発売されているChromebookは200〜300ドル程度。1ドル=100円で換算すると2〜3万円程度となり、Windowsを積んだ一般的なノートPCと比べて価格が低めです。
●起動が速い
Chromebookでは、通常10〜15秒で起動するようです。これはWindows PCよりも速い数値。使いたいときにサクット起動するので、使いやすいと思います。
●Googleアプリケーションとの親和性が高い
Googleが提供するGmail、Google Docs、Picasaなどのアプリケーションが組み込まれています。
●セキュリティリスクが軽減される
クラウドサービスを利用することを前提としているため、データをローカルドライブではなく、クラウド上のストレージに保存します。なので、ノートPCが盗まれたりした場合でも、ログイン情報がわからなければ、データにアクセスすることができません。
通常のノートPCの場合は、データをローカルドライブに保存しているため、ロックがかかっていても、パスワード解析ツールなどを使ってデータが盗まれる可能性があります。
●動作が重くなりにくい
Windowsに比べてOSの仕様が簡素化されているため、OSの動作が軽く、長期間使用していても動作が重くなりにくい、というメリットがあります。
●買い替えの際に余計な手間がかからない
Windows PCを買い替えると、新しいPCにソフトウェアを再インストールしたり、データを移行したりする手間がかかります。しかし、Chrome OS搭載のChromebookの場合、データはクラウドに保存されているのでデータ移行の手間はかかりません。

Chromebookの主なデメリット

●ネットワークに接続していないと使えない機能がある
Chromebookは、ネットワークに接続して使用することが前提となっているため、ネットに接続していない状態では使用できない機能があります。ただし、一部のサービスでは、オフラインでも使用できるような仕組みが用意されているようです。
●Microsoft OfficeなどのWindowsアプリケーションは使用できない
Chrome OSを搭載しているため、一般的なWindowsアプリケーションは使用できません。ここがWindows PCとの大きな違いですね。Microsoft OfficeなどのWindowsアプリケーションを使用する必要がある場合、Chromebookは不向きです。

ただし、Microsoft OfficeはGoogleドキュメント、SkypeはGooleハングアウトといった具合に類似するサービスが提供されているので、そういうサービスを利用することができます。
ChromebookとWindows PCとの違い
ChromebookとWindows PCの主な違いは次のとおり。
比較項目
Chromebook
Windowsノート
OS
Chrome OS
Windows OS
起動
速い
遅い
Windowsアプリケーションの使用可否
×
買い替え時の作業
(ソフトの再インストール/データの移行)
不要
必要
価格
安い
高い
イメージとしては、Chromebookは、Windowsノートでできることの一部(Chrome Webブラウザでできること)だけを実行できるようにしたマシンということが言えるかもしれません。一部のみに用途を限定しているため、それほど高いスペックが求められず、価格も安く、バッテリ駆動時間も長くなります。

ただし用途を限定しているということは、多彩な使い方ができないということを意味します。当然、OfficeなどのWindowsアプリケーションは使用できません。なので、Chromebookは使う人を選ぶマシンだと言えます。
Chromebookはこんな人にお勧め
Chromebookは次のようなニーズのある人にお勧めです。
・Windowsアプリケーションは使わず、もっぱらWeb閲覧、メールなどを使用する
・気軽に持ち運べるノートPCが欲しい
・とにかく価格の安いキーボード付きのノートタイプPCが欲しい

DELL Chromebook 11レビュー New

発表会でDELLのChromebook 11に触ることができたので詳しくレビューしています。詳細はChromebook 11レビューを参照してください。
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索