レノボIdeapad S540(15)レビュー

レノボパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
レノボIdeapad S540(15)についてレビューします。
HOME > レノボ > Ideapad S540(15)レビュー
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
  • 用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
  • 液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
  • セキュリティ
  • ウイルス対策ソフト
  • サウンドシステム
  • BOSE
DELL
レノボIdeapad S540(15)レビュー

レノボIdeapad S540(15)は、レノボのIdeapadシリーズの15.6インチ液晶搭載ノートPCです。

レノボ Ideapad S540(15) レビュー
レノボIdeapad S540(15)の主な特徴は次のとおり。

・15.6インチ液晶登載
・非常にコスパが高い
・第8世代インテルCoreプロセッサ+SSDの充実した構成
・スタイリッシュなデザイン
・表示の綺麗なIPSパネルを採用

ここでは、Ideapad S540(15)の特徴・スペック・使い勝手等について詳しくレビューします。

*レノボWebサイトの製品ページを確認する
レノボIdeapad S540 (15)
【レビュー目次】
*ここに記載されているスペック・構成は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずレノボ Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です。
1)第8世代インテルCoreプロセッサ+SSDを搭載
レノボ
Ideapad S540(15)の主なスペックは次のとおり。

Ideapad S540(15)
CPU
インテル Core i3-8145U(2.10GHz (ターボブースト時 3.90GHz))
インテル Core i5-8265U (1.60GHz (ターボブースト時 3.90GHz))
インテル Core i7-8565U (1.80GHz (ターボブースト時 4.60GHz))
メモリ
4GB (4GBx1)
8GB (内、オンボード4GB)
12GB
ストレージ
SSD

256GB
SSD

512GB
SSD

1TB
グラフィックス

CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス))

NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR5
光学ドライブ
なし
ディスプレイ
LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
カラーリング
ミネラルグレー
端子類
USB 3.0 x 2(内、Powered USB 3.0 x 1)、USB Type-C 3.0x 1、
HDMI x 1、マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャック、メディアカードリーダー
寸法
約 358x245x16.9mm
重量
(最小構成)
約1.8kg
最小構成価格
(税込・送料無料)
(*クーポン適用後)
51,516円
98,971円
101,315円
128,304円
(*価格/スペックは記事執筆時点のもので、随時変更されます)
CPUは、第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルを選択可能。
メモリは4GB搭載モデル8GB搭載モデルを用意。4GBメモリ搭載モデルだと価格が安く設定されますが、容量不足で処理がもたつくケースが出てくる可能性があります。パフォーマンス重視なら、8GB以上のメモリを搭載モデルがオススメです。
ストレージはSSDのみを搭載可能。HDD搭載モデルは用意されていません。
容量は256GB/512GB/1TB搭載モデルを用意。
レノボ
レビュー機は256GBのSSDを搭載していましたが、空き領域は199GBでした(この数値はあくまで参考値です)。
グラフィックスはCPU内蔵タイプのインテルUHDグラフィックスに加えて、高性能なカードタイプのグラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1650 4GB GDDR5を選択可能。描画処理能力を必要とするタスク(画像/動画の編集や3Dゲームなど)に使いたい場合には、NVIDIA GeForce GTX 1650搭載モデルがオススメです。
最小構成のインテルCore i3-8145U+4GBメモリ+256B SSDで51,516円。第8世代インテルCoreプロセッサとSSDを搭載したモデルとしてはすごく安いですね。
*レノボWebサイトの製品ページを確認する
レノボIdeapad S540 (15)
2)スタイリッシュなデザイン
レノボ
Ideapad S540(15)はアルミボディを採用。樹脂製ボディよりも高い質感を実現しています。

カラーリングはミネラルグレー。落ち着いた印象を与えます。
レノボ
光が当たったときの反射がすごく綺麗。
レノボ
コストパフォーマンス重視のノートPCにありがちな、野暮ったいデザインとは大きく異なります。
レノボ
天板部を触ると、さらさらしており、すごく触り心地がいいです。汚れや指紋もつきにくいですね。
レノボ
デザイン面での完成度は高いと思います。コスパ重視のノートPCとは思えない仕上がりの良さです。
レノボ
キーボード周辺部やパームレストも、外装部分と同じカラーリング。
レノボ
パームレスト部分にも、おそらくメタル素材を用いているので、触るとひんやりします。
レノボ
天板部分と
レノボ
パームレスト部分に「LENOVO」のロゴが配置されています。
3)15インチ液晶搭載
レノボ
Ideapad S540(15)は15インチ液晶を搭載。
レノボ
液晶の外枠(ベゼル)がスリムなデザインを採用しています。
レノボ
スリムベゼルのおかげで、
・ボディをコンパクトにできる
・外枠の存在が気になりにくく画面への没入度を高めることができる

というメリットを享受できます。
レノボ
B5サイズのノートと比べるとこんな感じ。
レノボ
スリムベゼルのおかげで、すごく大きいという感じはしないですね。
レノボ
ボディの厚みは16.9mm。
レノボ
標準的な15インチノートPCと比べるとスリムなボディに仕上がっています。
レノボ
なのですごく掴みやすいです。
レノボ
重量は1.773kg(実測値)。15インチ液晶搭載ノートPCの標準的な重さは約2kgなので、それと比較すると軽めなボディに仕上がっています。
レノボ
常に持ち歩くにはちょっと重いですが、部屋の中を移動したり、ちょっとの距離を持ち歩いたりするのは問題ない重さだと思います。
レノボ
27インチ液晶モニタの横に置いたところ。
4)パフォーマンスをチェック
Ideapad S540(15)のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機のスペックは次のとおり。

CPU:インテル Core i5-8265U (1.60GHz (ターボブースト時 3.90GHz))
メモリ:8GB
ストレージ:256GB (PCIe NVMe/M.2)
グラフィックス:CPU内蔵(インテル UHD グラフィックス 620))

レノボ
CPUの性能をチェックするCINEBENCHベンチマークのスコア

CPU:489cb→第8世代インテルCore i5プロセッサを搭載しており、ノートPCとしてはまずまずのスコアを記録。
レノボ
ストレージの性能をチェックするCrystalDiskMarkベンチマークソフトのスコア。高速アクセスできるPCIe NVMe SSDを搭載しているだけあって、高いスコアを記録しています。

Web閲覧/動画再生といった、それほど負荷のかからないタスクであれば、快適に処理できます。

レノボ
負荷が軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」のベンチマークソフトを実行してみました。スコアは次のとおり。

画質
解像度
スコア
評価
最高品質
1280×720
7612
とても快適
標準品質
1920×1080
4914
普通
最高品質
1920×1080
3731
普通


レノボ
負荷が中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレータ」のベンチマークソフトの結果は次のとおり。

画質
解像度
スコア
評価
高品質
(ノートPC)
1280×768
2785
やや快適
標準品質
(ノートPC)
1920×1080
2188
普通

解像度を抑えめにすれば「やや快適」に楽しめるとの結果が出ています。

5)使い勝手をチェック
Ideapad S540(15)の使い勝手をチェックします。
■使用できる端子類■
Ideapad S540(15)で使用できる主な端子類は次のとおり。
・USB 3.0 x 2(内、Powered USB 3.0 x 1)
・USB Type-C 3.0x 1
・HDMI x 1


USB端子は合計3つ。そのうち2つが従来からあるTypeA端子。なので、これまで使っていたUSBデバイスもそのまま使用できます。1つはType-Cです。

LAN端子は用意されていないので、有線でネットに接続する必要がある場合には注意が必要です。別途アダプタを用意する必要があります。

外部出力端子としてHDMI端子が用意されています。
■起動時間■
起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまで)を計測してみました。

1回目→9.66秒/ 2回目→8.51秒/ 3回目→8.18秒

なんと、平均約8.78秒で起動できます。この速さで起動するのであれば、電源ボタンを押してから、ほとんど待たされることなく使い始めることができます。
■指紋認証センサー搭載■
レノボ
Ideapad S540(15)はコスパ重視のモデルながら指紋認証センサーを標準で搭載しています。センサーはキーボード右下に配置されています。
■Webカメラを格納できる■
レノボ
Ideapad S540(15)では、液晶上部に配置されているWebカメラを格納できます。なので、Webカメラを使わない時は格納することで、ハッキングによるWebカメラの映像/画像の流出を防ぐことができす。
レノボ
切替はすごく簡単。Webカメラ上部にあるプライバシースイッチを左右にずらせばOKです。Webカメラを格納するとカメラ部分が赤くなるので、どちらの状態になっているのかをすぐに判別できます。
■キーボードバックライト装備■
レノボ
キーボードにはバックライトを装備しています。明るさは2段階の調整が可能。飛行機内など、暗い環境でPCを使いたいとき、バックライトがあると快適です。
■サウンドはいい■
レノボ
コスパ重視のモデルの場合、スピーカーおよびサウンドシステムにまで手が回らないケースがありますが、Ideapad S540(15)ではサウンドについても手を抜いていません。

Ideapad S540(15)では、サウンドシステムとしてDOLBY AUDIOを採用。
レノボ
スピーカーは底面部の前面部寄りの左右に配置されています。
レノボ
この位置にスピーカーがあると、音が床に反射する形になり、広がりが出る形になります。高音/低音のバランスが良く、それほどこもった感じもないので、個人的には満足度高いです。
6)各パーツをチェック
Ideapad S540(15)の各パーツをチェックします。
レノボ
液晶は15.6インチパネルを搭載。
レノボ
IPSパネルを採用しおり、表示はすごく綺麗。自分で撮影した写真を映し出してみましたが、細かいところまでしっかり描写されています。
レノボ
視野角も広めで、斜め方向からでも表示をはっきり確認できます。色の変化もほとんど感じません。

非光沢パネルを採用しているため、映り込みがほとんど発生せず、角度の微調整が不要です。目への負担も軽減できます。

タッチパネルは非搭載です。
レノボ
最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドット。15.6インチ液晶としては標準的な解像度です。
レノボ
キーボード。
レノボ
個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。
レノボ
テンキーを搭載しています。
レノボ
BackSpaceキーとEnterキーが左のキーと隣接する独自のデザインを採用。慣れないうちは、ちょっと打ち間違えやすいかも。
レノボ
キー表面はちょっとつるつるしています。
キーストローク(キーを押し込む深さ)は、このクラスの標準的なノートPCと同じくらいの深さを確保。打鍵感は柔らめで、ちょっとふにゃふにゃした感じがします。個人的には、もうちょっと固めの方が好みですが、このあたりは使う人によって感じ方が異なってきそう。
レノボ
キーピッチは約19mm。デスクトップPCに付属するキーボードと同程度のキーピッチを確保しています。
レノボ
なので窮屈な感じはありません。快適なキータイピングが可能です。
レノボ
キーボードにはバックライトが装備されています。明るさは2段階の調整が可能。オン/オフの切替および明るさの調整は、Fnキー+スペースキーで実行します。
レノボ
タッチパッドはクリックボタンと一体になったタイプを採用。
レノボ
表面の滑りは良く、スムーズに操作できます。
レノボ
クリックボタン部分の反応も良好です。ストレス無く操作できます。
レノボ
右側面部。
レノボ
写真左(本体手前)から順に、ステータスライト、Novoボタン、SDカードリーダー、USB3.0端子、USB3.0 (Powered USB)端子が配置されています。

NovoボタンとはPCをリセットするときに使うボタンです。
レノボ
カードリーダーにSDカードを奥まで差し込んだところ、これだけはみ出すので、SDカードを挿したまま動かすときは注意が必要です。
レノボ
左側面部。
レノボ
写真左(本体奥)から順に電源端子、HDMI端子、USB3.0 Type C、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャックが配置されています。
レノボ
左右の側面部の端子類にケーブル/デバイスを接続したところ。
レノボ
背面部。
レノボ
前面部。端子類は配置されていません。
レノボ
底面部。通気孔が配置されています。継ぎ目のない構造になっており、簡単には筐体内部にアクセスできません。バッテリは内臓されています。
7)同梱物をチェック
Ideapad S540(15)の同梱物をチェックします。
レノボ
ACアダプタ。
レノボ
ACアダプタはコンセントが付いているタイプです。電源ケーブルが付いていないので、かさばりません。ただし、コンセント部分は格納できません。飛び出したままです。
レノボ
大きさは手のひらサイズ。
レノボ
ケーブル部分はちょっと細め。
レノボ
ACアダプタの重量は197gです。ACアダプタと電源ケーブルがセットになったタイプの場合、大体250gぐらいあるので、それと比べると軽いので、持ち運びしやすいと思います。
レノボ
各部名称などを示したペーパー(セットアップガイド)も同梱されています。
Ideapad S540(15)のレビューまとめ
レノボ
以上、Ideapad S540(15)について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・15.6インチ液晶登載
・非常にコスパが高い
・第8世代インテルCoreプロセッサ+SSDの充実した構成
・スタイリッシュなデザイン
・表示の綺麗なIPSパネルを採用

コスパ重視の15インチノートPCながら、スタイリッシュなデザインに仕上がっているうえ、ボディもコンパクト/スリム。基本性能も充実しています。

詳しくは、レノボIdeapad S540 (15)詳細情報 (レノボ公式Webサイト)を参照してください。

レノボ最新キャンペーン情報 New

【主要モデルの値引率】

●ThinkPad V330          → PC本体価格をさらに《最大46%OFF》
●ThinkPad E480          → PC本体価格をさらに《最大34%OFF》
●ThinkPad E580          → PC本体価格をさらに《最大32%OFF》
●ThinkPad L570          → PC本体価格をさらに《最大66%OFF》
●ThinkPad A285          → PC本体価格をさらに《最大66%OFF》
●ThinkPad X1 Extreme(2018)  → PC本体価格をさらに《最大48%OFF》
●IdeaPad 330S(14)         → PC本体価格をさらに《最大38%OFF》
●IdeaPad 530S           → PC本体価格をさらに《最大56%OFF》

割引を受けるには、クーポンコードを入手する必要があります。詳しくは、レノボキャンペーン(レノボWebサイト)をクリック!