レノボThinkPad X1 Carbon(2017年モデル) 解説

レノボパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
レノボThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)の詳細情報を掲載しています。
HOME > レノボ > ThinkPad > ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)徹底解説
メーカー別PC比較購入ガイド
  • パソコン徹底比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
DELL
レノボThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)レビュー
レノボThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)はXシリーズの14インチ液晶搭載のUltrabook。最大の特徴は、軽さと強度を両立させたカーボンファイバを天板に採用することで、頑丈な設計に仕上がっている点です。

レノボThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)レビュー

イベントでレノボThinkPad X1 Carbonに触ることができたので、詳しくレビューします(展示されていたのは試作機です)。

主なスペックは次のとおり。

ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)

CPU
第7世代インテルCore i5/i7
メモリ
最大16GB(LPDDR3 SDRAM)
ストレージ
最大1TBのNVMe対応SSDを搭載可能
グラフィックス
インテルHDグラフィックス
光学ドライブ
無し
ディスプレイ
■14.0型光沢なし
(1920×1080ドット)
カラーリング
ブラック/シルバー
端子類
USB 3.0 x 1、Powered USB 3.0 x 1、USB Type-C x 2(DC-in、Thunderbolt3、Video-out機能付き)、HDMI x1、microSDカードリーダー
寸法
(幅×奥行き×高さ)
約323.5 x 219 x 15.95mm
重量
(最小構成)
約1.14kg
インテル第7世代Coreプロセッサを搭載
インテル第7世代Core i5/i7プロセッサを搭載しています。メモリは最大16GB。
PCIe NVMe対応のSSD選択可能
ストレージには、SATA SSDに加えて、従来の規格よりも高速なPCIe NVMe対応のSSDを搭載できます。
LTEモデルも用意
ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)ではLTEが選択可能。契約済みのSIMカードを用意すれば、WiFi の圏外にいても、いつでもネットワークにアクセス可能です。
ボディに、強さと軽さを両立させたカーボンファイバを採用
ボディに、強さと軽さを両立させたカーボンファイバを採用しているため、高い堅牢性を確保しながら、薄く、軽い筐体に仕上がっています。
片手で持っていても、ボディがたわんだりすることはありません。
非常にスリム/軽量
ThinkPad X1 Carbonはすごくスリム。

厚さは15.95mmしかありません。
薄いのですごく持ちやすいですね。
液晶を開くとこんな感じ。
最小構成の重量は約1.14kg。14インチノートとしては非常に軽量なので、外出時に持ち歩くのも苦にならないと思います。
液晶は180度傾けることが可能。
狭額ベゼル採用
ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)の大きな特徴として、狭額ベゼルを採用している点が挙げられます。
液晶の外枠(ベゼル)の部分がすごく細いのがわかりますね。この結果、よりスタイリッシュに見えるほか、外枠の存在を意識することなく画面に集中することができます。またよりコンパクトなボディにすることができるため、軽量化も実現しています。
ThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)も用意されていたので、横に並べてみました。左が2017年モデル、右が2016年モデルです。
ベゼルの幅が大きく異なるのがわかります。
またボディも2017年モデルの方が小さく、
薄く、軽くなっています。

2つのモデルの主なスペックを比較すると次のとおり。

ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)

ThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)

CPU
第7世代インテルCore i5/i7
第6世代インテルCore i5/i7
メモリ
最大16GB(LPDDR3 SDRAM)
最大16GB
ストレージ
最大1TBのNVMe対応SSDを搭載可能
最大512GBのNVMe対応SSDを搭載可能
グラフィックス
インテルHDグラフィックス
インテルHDグラフィックス
光学ドライブ
無し
無し
ディスプレイ
■14.0型光沢なし
(1920×1080ドット)
■14.0型
(1920×1080/2560×1440ドット)
カラーリング
ブラック/シルバー
ブラック
寸法
(幅×奥行き×高さ)
約323.5 x 219 x 15.95mm
約333 x 229 x 14.95-16.45mm
重量
(最小構成)
約1.14kg
約1.18kg
あと薄型ベゼル採用ノートの場合、Webカメラが液晶の下に配置されているモデルがありますが、このThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)では、液晶の上部に配置されています。液晶の下に配置されていると、上を見上げる形になり、その角度から映されるのを嫌う人がいるため、このように上部に配置したとのことです。
シルバーモデルも用意
ThinkPad伝統のブラックに加えてシルバーモデルも用意。より洗練されたイメージを演出します。
使いやすいキーボード・タッチパッド
ThinkPadで定評のある使いやすいキーボードとタッチパッドを搭載。
展示されていたのは試作機のため英語キーボードですが、実際には日本語キーボードが搭載されます。
余裕のあるキーピッチと深めのキーストロークを実現しており、ストレスなく作業することができます。
キーボード中央には、赤色のトラックポイントが配置されており、キーボードから手を離すことなく、画面上のポインタを移動させることができて便利です。
各パーツをチェック
液晶。14インチパネルを搭載。
非光沢パネルを採用しているため、映り込みが発生しにくく、見やすいです。最大解像度は1920×1080ドット。
鮮明に表示されます。
左側面部。USB Type-C x 2、USB 3.0、HDMIが配置されています。
右側面部。ヘッドホン端子、USB3.0が配置されています。
背面部。
LTE対応モデルの場合、SIMカードスロットが配置されています。
底面部。バッテリは内蔵型です。
まとめ
以上、ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)について見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・重さ1.14kgの軽量モバイルノート。気軽に持ち歩ける
・非常にスリム
・天板部分にカーボンファイバを採用することで頑丈なボディとなっている
・狭額ベゼルを採用
・使いやすいキーボード、見やすい液晶により快適な作業が可能
・第7世代Core i5/7プロセッサ、SSDを選択でき、高い基本性能を誇る
・シルバーモデルを用意
・LTEを選択可能


ThnkPadらしく、軽さ/薄さと強度を両立させつつ、使い勝手を重視したつくりになっています。

詳しくは、ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)(レノボ公式Web)を参照してください。

【ThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)レビュー】
ThinkPad X1 Carbon(2017年モデル)の1つ前のモデルThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)について詳しく解説しています。詳しくはThinkPad X1 Carbon(2016年モデル)レビューを参照してください。

レノボ最新キャンペーン情報 New

ThinkPadシリーズをお得に購入できる特別クーポンを発行中です。通常よりも割引き幅が大きくお得です!!

【主要モデルの値引率】

ThinkPad X280→PC本体価格をさらに最大51%オフ
●ThinkPad X1 Carbon(2018年モデル)→ PC本体価格をさらに最大44%オフ
●ThinkPad X1 Yoga(2018年モデル) → PC本体価格をさらに40%OFF

割引を受けるには、クーポンコードを入手する必要があります。詳しくは、レノボキャンペーン(レノボWebサイト)をクリック!

レノボThinkPad詳細情報
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索