DELL Inspiron 14 AMD(5445) 解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 14 AMD(5445)について詳しく解説します。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 14 AMD(5445)の特徴解説
  • デル即納モデル
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
DELL
Inspiron 14 AMD(5445)の特徴解説
Inspiron 14 AMD(5445)は14インチ液晶を搭載したコンパクトタイプのノートPC。AMD Ryzen 8040シリーズのプロセッサを搭載しています(AMD Ryzen 7000シリーズ搭載のInspiron 14 AMD(5435)の後継モデルだと思われます)。
InspironノートPCのミドルクラスであるInspiron 5000シリーズに位置づけられており、性能と価格のバランスの取れた構成に仕上がっています。
Inspiron 14 AMD(5445)
Inspiron 14 AMD(5445)の主な特徴は次のとおり。

・AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサを搭載
・14インチパネル搭載のコンパクトノートPC
・プラスチック製シャーシを採用
・Copilotキー搭載
・カーボンブラックとアイスブルーの2つのカラーリングを用意

ここではInspiron 14 AMD(5445)の特徴・スペック等について詳しく解説します。

(*DELLパソコンの4桁の型番(本モデルの場合「5445」)を確認する方法はこちら)
【参考】Inspiron 14 AMD(5445)動画
Inspiron 14 AMD(5445)に関する動画をYouTubeにアップしています。
【参考】Inspiron 14 Intel(5440)と14 AMD(5445)(2024年モデル)の比較動画
nspiron 14 Intel(5440)とInspiron 14 AMD(5445)(2024年モデル)の比較に関する動画をYouTubeにアップしています。
【Inspiron 14 AMD(5435)レビュー】
Inspiron 14 AMD(5445)の先代モデルに位置づけられるInspiron 14 AMD(5435)について解説しています。詳細についてはInspiron 14 AMD(5435)レビューを参照してください。
【参考】先代モデルInspiron14 AMD(5435)動画
先代モデルInspiron14 AMD(5435)に関する動画をYouTubeにアップしています。
【目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。
1)14インチパネルを搭載
Inspiron 14 AMD(5445)は14インチパネル搭載のコンパクトノートPC。先代モデルに引き続き、16:10という縦横比のパネルを採用しており、最大解像度はFHD+の1920×1200ドット。従来からある16:9のパネルが1920×1080ドットなので縦方向に広く表示することができます。
この結果、表示領域が増えるため、Webブラウザ、表計算ソフトなど、縦に広く表示されるアプリケーションでスクロールの回数を減らせます。
厚さは最厚部で19.9mm。重量は最小構成で1.54kg。
 
【参考/先代モデル】
Inspiron 14 AMD(5435)
Inspiron 14 AMD(5445)
寸法
高さ: 16.49 mm〜19.5 mm x
幅: 314mm x
奥行き: 226.6mm
高さ: 19.9 mm x 幅: 314mm x 奥行き: 226.15mm
最小構成重量
1.59kg
1.54kg
先代モデルとボディの大きさ/重さを比較するとこんな感じ。ほぼ同じ大きさで、若干軽くなっています。
2)プラスチック製外装シェルを採用
先代モデルはアルミ製シャーシを採用していましたが、本モデルではプラスチック製外装シェルを採用。
アルミ製の方が、質感が高い/ひんやりとした感触が心地いい/プラスチック製よりも傷がつきにくい、などのメリットがあるのですが、価格を重視するためにプラスチック製外装シェルに切り替えたんでしょうか。
個人的には、Inspiron 5000シリーズといえば、アルミ製外装シェル採用による洗練されたデザインとコスパの良さが売りだったんだと思うんですけどね。
ちなみに同時期に発売されたインテルCoreプロセッサ搭載のInspiron 14 Intel(5440)にはアルミ製外装シェル採用モデルが用意されているので、やっぱりアルミ製がいいという人はインテルモデルを検討してみてはいかがでしょうか。
カラーリングはカーボンブラックとアイスブルーを用意。
カーボンブラック。
ブラックを基調としており落ち着いた雰囲気。
アイスブルー。ちょっと青みがかったシルバー系のカラーリングです。
3)スペックをチェック
Inspiron 14 AMD(5445)の主なスペックをチェックしてみましょう。AMD Ryzen 7000シリーズプロセッサ搭載の先代モデルInspiron 14 AMD(5435)および本モデル、および同時期に発売された第13世代インテルCoreプロセッサの後継となる新しいCoreプロセッサを搭載したモデルを選択できるInspiron 14 Intel(5440)と比較してみました。
【Inspiron 14 AMD(5445))の主なスペック】
 
【2023年モデル】
Inspiron 14 AMD(5435)
【2024年モデル】
Inspiron 14 AMD(5445)
【2024年モデル】
Inspiron 14 Intel(5440)
 ディスプレイ
(最大解像度)
14.0インチ
16:10
非光沢
(1920×1200)
250ニット
14.0インチ
16:10
非光沢
(1920×1200)
250ニット
14.0インチ
16:10
非光沢
(1920×1200)
250ニット
タッチパネル
×
×
×
CPU
AMD Ryzen 5 7530U 6コア/12スレッドプロセッサ
AMD Ryzen 7 7730U 8コア/16スレッドプロセッサ
AMD Ryzen 5 8540U 6コア/12スレッドプロセッサ
AMD Ryzen 7 8840U 8コア/16スレッドプロセッサ
第13世代 インテルCore i3-1305U (10 MB キャッシュ, 5 コア, 6 スレッド, 最大 4.50 GHz まで可能)
第13世代インテルCore i5-1335U (12 MB キャッシュ, 10 コア, 12 スレッド, 最大 4.60 GHz まで可能)
インテルCore 5 120U (12MB キャッシュ, 10 コア, 12 スレッド, 最大 5.0 GHz まで可能)
インテルCore 7 150U (12MB キャッシュ, 10 コア, 12 スレッド, 最大 5.4 GHz まで可能)
メモリ
8GB 4266MHz LPDDR4x メモリー オンボード
16GB 4266MHz LPDDR4x メモリー オンボード
8GB, 1x8GB, DDR5, 5600MT/s
16GB, 2x8GB, DDR5, 5600 MT/s
8GB, 1x8GB, DDR5, 4400MT/s
16GB, 2x8GB, DDR5, 4400MT/s
16GB, 2x8GB, DDR5, 5200 MT/s
ストレージ
256GB/ 512GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB/1TB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB/1TB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
AMD Radeon グラフィックス (CPU内蔵)
AMD Radeon グラフィックス (CPU内蔵)
インテルグラフィックス (CPU内蔵)/
インテル Iris Xeグラフィックス (CPU内蔵)
Copilotキー
-
キーボードバックライト
選択可能
Webカメラ
1080p(FHD)/
シャッター有
720p(HD)/
シャッター無
720p(HD)/1080p(FHD)搭載モデル選択可能/
シャッター有/無モデル選択可能
主な端子類
1 x USB 2.0 Type-A
1 x USB 3.2 Gen1 Type-Aポート
1 x USB 3.2 Gen2 Type-Cポート(DisplayPortおよびPowerDelivery搭載)
1 x ヘッドセット(ヘッドホンおよびマイクロフォンのコンボ)ポート
1 x HDMI 1.4ポート
1 x SDカード スロット
2 x USB 3.2 Gen1 (5Gbps)Type-Aポート
1 x USB 3.2 Gen2 (10Gbps) Type-Cポート(DisplayPortおよびPowerDelivery対応)
1 x ヘッドセット(ヘッドホンおよびマイクロフォンのコンボ)ポート
1 x HDMI 1.4ポート
1 x SDカード スロット
2 x USB 3.2 Gen1 Type-Aポート
1 x ヘッドセット(ヘッドホンおよびマイクロフォンのコンボ)ポート
1 x HDMI 1.4ポート
1 x SDカード スロット
■1305/1335プロセッサ搭載モデル→1 x USB 3.2 Gen 1 (5 Gbps) Type-Cポート
■120U/150Uプロセッサ搭載モデル→1 x USB 3.2 Gen 2 (10 Gbps) Type-C(Power DeliveryとDisplayPort搭載)
カラー
プラチナシルバー/ダークリバーブルー
アイスブルー/カーボンブラック
アイスブルー/ミッドナイトブルー/カーボンブラック
シャーシ
アルニウム製カバー
プラスチック製カバー
プラスチック製カバー
アルミニウム製カバー
寸法
高さ: 16.49 mm〜19.5 mm x 幅: 314mm x 奥行き: 226.6mm
高さ: 19.9 mm x 幅: 314mm x 奥行き: 226.15mm
高さ: 19.9 mm x 幅: 314mm x 奥行き: 226.15mm(プラスチック製カバー採用モデル)
最小構成重量
1.59kg
1.54kg
1.54kg
【CPU】
CPUにAMD Ryzen 8040シリーズプロッサ(Ryzen 5 8540U/Ryzen 7 8840Uプロセッサ)を搭載したモデルが用意されています。各プロセッサの主な詳細は次のとおりです(AMD Ryzen 7000シリーズの従来からあるRyzen 5-7530U/Ryzen 7-7730Uと比較しています)。
CPU
Ryzen 5 7530U
Ryzen 5 8540U
(本モデルに搭載)
Ryzen 7 7730U
Ryzen 7 8840U
(本モデルに搭載)
コアの数 6 6 8 8
スレッドの数 12 12 16 16
基本クロック 2.0GHz 3.2GHz 2.0GHz 3.3GHz
最大ブーストクロック 4.5Hz 4.9Hz 4.5GHz 5.1GHz
L2キャッシュ 3MB 6MB 4MB 8MB
L3キャッシュ 16MB 16MB 16MB 16MB
TDP 15W 28W 15W 28W
AI専用NPU × × ×
最大ブーストクロックがアップしているほか、L2キャッシュ容量が増えています。またRyzen 7 8840Uのみ、AI専用NPUを搭載しています。
【メモリ】
メモリは8GB/16GB搭載モデルを用意。コスパ重視なら8GBメモリ搭載モデルを選ぶのもありですが、性能重視なら16GBメモリ搭載モデルがオススメ。
メモリ容量  
説明
8GB  


快適
一般的なタスク(Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生)であれば、それほどストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。
16GB 負荷のかかる処理を快適に実行したい場合には、16GB以上のメモリを積むことをオススメします。
先代モデルではオンボードメモリを採用していたのですが、本モデルはスロットタイプのメモリを採用。したがって、購入後に自己責任でカスタマイズすることができます。
【ストレージ】
ストレージは512GB/1TB SSD搭載モデルを選択可能。SSDには、SATA接続タイプよりも高速なM.2 PCIe NVMeタイプを採用。なので起動やアプリケーションの立ち上げ時にストレスを感じるシーンは少ないと思います。
【グラフィックス】
グラフィックスは、CPU内蔵タイプのAMD Radeonグラフィックスのみを使用可能。高い描画処理能力を発揮できるディスクリートタイプのグラフィックスを搭載したモデルは用意されていません。
【スペックまとめ】
このクラスのPCとしては、充実した構成になっていると思います。それほど負荷がかからないタスク(ネットを見る/SNSを楽しむ/表計算ソフトを普通に使う/動画を再生するなど)であれば、ある程度快適にこなせると思います。
【パッケージ別のスペック】
パッケージ別のスペックは次のとおり。
 
1)Ryzen 5+8GBメモリ搭載モデル
2)Ryzen 5+16GBメモリ搭載モデル
3)AMD Ryzen 7搭載モデル
 ディスプレイ
14.0インチ/非光沢/(1920×1200)
CPU
AMD Ryzen 5 8540U
AMD Ryzen 7 8840U
メモリ
8GB
16GB
ストレージ
512GB SSD
1TB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
AMD Radeon グラフィックス (CPU内蔵)
受注生産モデル
69,800円〜
(過去最安値)
79,800円〜
(過去最安値)
84,800円〜
(過去最安値)
設定あり
(価格は受注生産モデルと同じ)
設定あり
(価格は受注生産モデルと同じ)
設定あり
(価格は受注生産モデルと同じ)

(*価格は2024年5月18日時点。税込・配送料込の価格です。僕が確認する限り過去最安値に設定されているモデルがあり、お得に購入できます!)

現在、3つのパッケージが用意されています。 スペックが異なるのはCPU/メモリ容量/SSD容量の3つ。
4)特徴をチェック
Inspiron 14 AMD(5445)の特徴をチェックします。
■リフトヒンジ採用
Inspiron 14 AMD(5445)では、リフトヒンジを採用。ディスプレイを開くと、背面部が接地する形になり、キーボードと机の間にスペースができます。これによりエアフローが改善されるほか、キーボードが傾斜する形になるためキー操作しやすくなります。
■搭載している端子類
搭載している端子類は、
・HDMI 1.4×1
・USB 3.2 Gen 2 Type-C(DisplayPort/PowerDelivery対応)×1
・USB 3.2 Gen 1 Type-A×2
・ユニバーサル・オーディオ・ジャック×1
・SDカードリーダー

です。
有線LAN端子は非搭載なので、有線でネットに接続する場合には注意が必要です。
Inspiron 14 AMD(5445)に搭載されているUSB端子は次のとおり。
【搭載しているUSB端子類】
USB端子
最大転送速度
個数/場所
USB 3.2 Gen 1 Type-A 5 Gbps 1個/左側面部
1個/右側面部
USB 3.2 Gen 2 Type-C 10 Gbps 1個/左側面部
従来から使われているUSB Type-A端子×2と、より小さくて前後の向きのないType-C端子を搭載。合計3つのUSB端子を利用することができます。左右の側面部に端子が配置されているため、使い勝手はいいと思います。
【搭載しているUSB Type-C端子のスペック】
USB Type-C
説明
本モデルでの対応
備考
Alt Mode-DisplayPort 外部映像出力可能 Alt mode対応のUSB Type-Cケーブル必要
PowerDelivery対応 受給電可能 高速充電可能
Thunderbolt 4 最大40Gbpsで転送可能 × Thunderbolt 4対応機器と接続する必要あり
Inspiron 14 AMD(5445)に搭載されているUSB Type-C端子で使える機能は上の表のとおり。Alit Mode DisplayPortとPowerDeliveryに対応しているため、USB TypeC端子を使って、外部映像出力および受給電が可能です。Thunderbolt 4には非対応です。
■外部映像出力
Inspiron 14 AMD(5445)に搭載されている映像出力端子は次のとおり。
映像出力端子
個数/場所
用途
備考
HDMI 1.4 1個/左側面部 映像+音声 -
USB Type-C
(Alt Mode-DisplayPort対応)
1個/左側面部
映像+音声
本モデルはUSB Power Deliveryに対応してるので、ケーブル一本で映像出力と充電が可能
外部映像出力端子を使って、外部モニタに接続することにより、大きな画面にデータを表示できるようになるため、作業効率をアップできます。
これまでのInspiron 14 5000シリーズでは、HDMI端子とUSB Type-C端子の両方の端子から同時にモニタに接続して3画面出力することができたので、おそらくこのInspiron 14 AMD(5445)でも、3画同時出力することができると思います。
またUSB Power Deliverにも対応しているので、要件を満たすモニタにUSB Type-Cケーブル経由で接続すれば、外部出力と同時にInspiron 14 AMD(5445)の充電を実行することが可能。ケーブル1本で外部出力と充電を行うことができて非常に便利です。
■急速充電対応
Inspiron 14 AMD(5445)は急速充電に対応しています。内蔵されているExpressCharge機能を使えば、60分で最大80%の充電が可能なので、急いで充電する必要がある場合に便利です。
■Webカメラ/マイク
Inspiron 14 Intel(5440)では、720p(30fps)のHDカメラ+シングルマイクを搭載したモデルを選択できます。
先代モデルは、より高画質な1080p(FHD)のカメラを搭載していたので、本モデルではスペックダウンしているのは残念。なお、インテルモデルのInspiron 14 Intel(5440)では、1080p(FHD)のカメラ/デュアルマイクを搭載したモデルを選択できます。
カメラシャッターに関する記載は見当たらないので、シャッターは非搭載のようです。
■Copilotキー搭載
本モデルでは、従来右側のCtlキーがあった場所に、Copilotキーを搭載。
このボタンを押すことで、AIアシスタント機能であるCopilot in Windowsをすぐに起動して使うことができます。
■MIL規格準拠/TPM搭載
法人向けとしても利用できるよう、本モデルには、堅牢性を確保するため、アメリカ国防総省の品質基準MIL規格に準拠。さらにはセキュリティを確保できるよう、ディスクリートTPM(dTPM)を搭載しています。
■54Whバッテリ内蔵
4セル54Whバッテリ搭載。65W型のACアダプタを採用しています。電源端子に接続して充電するタイプです。
5)各パーツをチェック
Inspiron 14 AMD(5445)の各パーツをチェックします。
■ディスプレイ
ディスプレイの主なスペックは次のとおり。
 
ディスプレイの主なスペック
パネル 14.0インチ
縦横比 16:10
最大解像度 1920×1200ドット
光沢/非光沢 非光沢
タッチ 非タッチ
輝度 250nit
ディスプレイに16:10の縦方向に広いパネルを採用。最大解像度はフルHD+対応の1920×1200ドットです。
非光沢パネルを採用しています。
 
メリット
デメリット
光沢パネル ・色の表現が鮮やかなので、映像/画像を楽しめる ・照明など、周りの物の映り込みが発生しやすい。
・ぎらつきが多いので、長時間見続けた時の目への負担が大きい
非光沢パネル ・映り込みが発生しにくいので、いちいちディスプレイの角度を調整しなくてもいい
・ぎらつきが少ないので目への負担が軽い
・光沢パネルと比べて、色の表現が淡い感じになる
非光沢パネルは、色の鮮やかさでは光沢パネルに劣りますが、映り込みが発生しにくく、長時間見続けたときの眼の疲れを軽減できます。なので実用性が高いと思います。
輝度は250ニット。一般的な明るさです。
ただし、色域は45% NTSCとなっており、あまり広くありません(マニュアル参照) 。忠実な色再現性が求められるクリエイティブワークに使うのは厳しいと思います。
ブルーライト対策として、 Dell ComfortViewを内蔵。色彩を損なうことなくブルーライトを軽減できます。
■キーボード
個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。テンキーは非搭載。上の画像は英語キーボードを搭載していますが、国内販売モデルには日本語キーボードが搭載されます。
マニュアルによるとキーピッチ(キー間の距離)は19.05mm。フルサイズのキーボードと同程度のキーピッチを確保しているため、窮屈さはほとんど感じないと思います。
バックライトは非搭載です。
■右側面部
1)SDカードリーダー、2)ヘッドホン/マイクロフォンコンボ端子、3)USB Type-Aが配置されています。
■左側面部
5)電源端子、6)HDMI 1.4、7)USB Type-A、8)USB Type-Cが配置されています。
■底面部
1)4)スピーカー、2)サービスタグラベル、3) 通気孔が配置されています。中央に「Inspiron」のロゴが配置されています。
まとめ

以上、Inspiron 14 AMD(5445)について見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサを搭載
・14インチパネル搭載のコンパクトノートPC
・プラスチック製シャーシを採用
・Copilotキー搭載
・カーボンブラックとアイスブルーの2つのカラーリングを用意

AMD Ryzen 8040シリーズプロセッサ搭載の14インチコンパクトノートPCです。