DELL Vostro 15 5000(5501)解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Vostro 15 5000(5501)の購入を検討されている方に役立つ情報が満載!
HOME > DELL法人向け製品情報 > Vostroノート > Vostro 15 5000(5501)徹底解説
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • 法人向けデルパソコンをシリーズで選ぶ
  • 法人向けデルパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • 個人向けデルパソコン
  • 初心者のためのデルパソコン購入講座
DELL
Vostro 15 5000(5501)徹底解説

Vostro 15 5000(5501)は、15.6インチ液晶を搭載したノートPC。

Vostroシリーズは、中小企業および個人事業主をターゲットにしたDELLの法人向けシリーズです。3000/5000/7000シリーズが用意されていますが、その中で5000シリーズはデザインにこだわったプレミアムモデルに位置づけられています。

Vostro 15 5000(5501)レビュー
Vostro 15 5000(5501)の主な特徴は次のとおり。

・15インチ液晶搭載ノートPC
・このクラスのノートPCとしてはスリム/軽量
・アルミ仕上げのボディを採用することで上質な質感を実現
・第10世代インテルCore(Ice Lake)プロセッサ搭載

ここではVostro 15 5000(5501)の特徴・スペック等について詳しく解説したいと思います。

【目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。
dell
1)15インチ液晶搭載ノートPC
Vostro 15 5000(5501)は15.6インチ液晶パネルを搭載したノートPC。
液晶の外枠(ベゼル)部分がスリムなデザインを採用しているため、ボディがコンパクトに収まっています。
厚さは14.12-17.90mm。標準的な15インチノートPCと比べるとスリムなボディに仕上がっています。
重量は1.64kg。光学ドライブを非搭載とすることで、15インチノートPCとしては軽量化されています。一般的な15インチノートPCの重量が2kg程度ですから、それと比べるとかなり軽いボディになっています。
ボディはアルミ仕上げとなっているため、高い質感を実現しています。
2)スペックをチェック(第10世代インテルCoreプロセッサ搭載)
New Vostro 15 5000(5501)の主なスペックは次のとおり。先代モデルのVostro 15 5000(5590)と比較してみました。

→参考:Vostro 15 5000(5590)レビュー

【New Vostro 15 5000(5501)の主なスペック】
 
Vostro 15 5000(5590)
New Vostro 15 5000(5501)
液晶
(最大解像度)
15.6-インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢 LED バックライト 非-タッチ スリム ベゼル WVA ディスプレイ
15.6-インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢 LED バックライト 非-タッチ スリムベゼル WVA ディスプレイ
タッチ
パネル
×
×
OS
Windows 10 Home (64ビット) 日本語
Windows 10 Pro (64ビット) 日本語
Windows 10 Home (64ビット) 日本語
Windows 10 Pro (64ビット) 日本語
CPU
(Comet Lake)

第10世代インテル Core i3-10110U プロセッサー (4MB キャッシュ, 最大 4.1 GHz まで可能)

第10世代インテル Core i5-10210U プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 4.2 GHzまで可能)

第10世代インテル Core i7-10510U プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.9 GHz まで可能, 4 コア)
(Ice Lake)

第10世代インテル Core i5-1035G1 プロセッサー (6MB キャッシュ, 最大 3.6 GHz まで可能)

第10世代インテル Core i7-1065G7 プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能)
メモリ
4GB, オンボード, DDR4, 2666MHz
8GB, オンボード, DDR4, 2666MHz
16GB, オンボード, DDR4, 2666MHz
8GB, 1x8GB, DDR4, 3200MHz/
16GB, 1x16GB, DDR4, 3200MHz
ストレージ
128GB M.2 PCIe NVMe SSD
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
256GB M.2 PCIe NVMe SSD/
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
光学ドライブ
無し
無し
グラフィックス
インテル UHD グラフィックス 共有 グラフィックス メモリー 付き
NVIDIA GeForce MX250 2GB GDDR5 グラフィックス メモリー 付き
インテル UHDグラフィックス共有グラフィックスメモリー 付き

インテルIris Plus グラフィックス共有グラフィックスメモリー 付き
主なポート
1 x HDMI
1 x USB 3.1 Gen 1 Type-C(DP/給電)
2 x USB 3.1 Gen 1 Type-A
1 x USB 2.0
1 x 電源入力
1 x microSDカード リーダー(SD/SDHC/SDXC)
1 x LAN
1 x ヘッドセット ジャック
1 x HDMI
1 x USB 3.2 Gen1 Type-Cポート(DisplayPort Alt Mode/Power Delivery対応)
2 x USB 3.2 Gen1 Type-A
1 x 電源入力
1 x microSDカード リーダー
1 x LAN
1 x ヘッドセット ジャック
寸法
(cm)
幅: 356.6mm
高さ: 17.2mm
奥行き: 237.1mm
幅: 356.1mm
高さ: 14.12-17.90mm
奥行き: 234.5mm
最小重量
(kg)
1.66kg
1.64kg
カラー
アーバングレー /
アイス グレー
ヴィンテージグレー /
デューン/
ダスティローズ
最小構成価格
(税抜・配送料込)
94,980円
91,980円

【CPU】
CPUは、第10世代インテルCore i5/Core i7プロセッサ(Ice Lake)搭載モデルを選択可能。

第10世代インテルCoreプロセッサには、Comet LakeとIce Lakeが用意されていますが、Comet Lakeが14nmプロセスで製造されるのに対し、Ice Lakeは10nmプロセスで製造されます。

Ice Lakeプロセッサの方がCPU内蔵グラフィックスが強化されており、よりスムーズな画像処理が可能になります。

搭載される各プロセッサの詳細なスペックは次のとおり。
CPU 第10世代インテルCore i5-1035G1 第10世代インテルCore i7-1065G7
コアの数 4 4
スレッドの数 8 8
プロセッサー・ベース動作周波数 1.00GHz 1.30GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.60GHz 3.90GHz
キャッシュ 6MB 8MB
TDP 15W 15W
【メモリ】
メモリは8GB/16GB搭載モデルを用意。8GBのメモリを搭載していれば、一般的なビジネスシーンで利用する際に、メモリ不足によるパフォーマンス低下が発生するケースは少ないと思います。
【ストレージ】
 
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。

搭載できるストレージはSSDのみ。SSDは、HDDと比べて高速アクセスできる、耐衝撃性に優れる、というメリットがあります。容量は256GB/512GBを用意。

【グラフィック】
グラフィックスは、CPU内蔵タイプのインテルUHDグラフィックス(インテルCore i5プロセッサ搭載時)、Iris Plusグラフィックス(Core i7プロセッサ搭載時)を利用可能。

Iris Plusグラフィックスは、UHDグラフィックスよりも性能が高く、描画処理能力に優れています。

【光学ドライブ】
光学ドライブは非搭載です。

最小構成でも第10世代インテルCoreプロセッサ+8GBメモリ+256GB SSDとなるので、一般的なビジネスタスク(Web閲覧/メール/オンライン会議/ビジネスアプリの操作/動画再生など)でストレスを感じるシーンは少ないと思います。
3)使い勝手をチェック
Vostro 15 5590の使い勝手をチェックします。
■搭載している端子類

Vostro 14 5000(5401)には端子類として、

・USB 3.2 Gen1 Type-A×2
・USB 3.2 Gen 1 Type-C(DisplayPort/Power Delivery対応)
・HDMI出力端子
・LAN端子


を搭載しています。

USB端子は合計3つ。従来からあるUSB Type-A端子が2つ、USB Type−C端子が1つです。USB TypeC端子はDisplayPort出力/給電に対応しています。なので、映像出力端子として、HDMI端子に加え、USB TypeCも利用可能。
モニタに外部出力することにより、大きな画面で作業することができ、作業効率を大幅にアップさせることができます。
■ドロップヒンジ採用
Vostro 15 5000(5501)では、ディスプレイの下部で本体を支えるドロップヒンジを採用。ディスプレイを135度以上開くと、底面部と机の間にスペースができるため、エアフローの改善につながります。
■指紋認証(オプション)
オプションで指紋認証機能を搭載することが可能。

指紋認証により、セキュリティを向上させることができるうえ、キーボードを使わなくても指だけでログインできます。
■プライバシー シャッター搭載
プライバシーシャッターを搭載しており、Webカメラを使わないときは、シャッターでカメラを物理的に隠すことにより、映像/画像の流出を防ぐことができます。
■高い耐久性を確保
Vostro 15 5000(5501)は、14種類の米軍用規格の試験に合格しており、高い耐久性を確保。安心して持ち歩けます。
4)各パーツをチェック
Vostro 15 5000(5501)の各パーツをチェックします。
液晶は15.6インチパネルを搭載。最大解像度が1920×1080ドットのフルHD対応パネルを採用。非光沢パネルを採用しているため、照明などの映り込みが発生しにくく、長時間見続けたときの目の疲れを軽減できます。タッチパネルは非搭載です。
右側面部。1. MicroSDメディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC)、2. ヘッドセットジャック、3. USB 3.2 Gen 1、4. Ethernet LANポート(RJ45)、5.くさび型ロックスロットが配置されています。
左側面部。6. 電源ジャック、7. HDMI 1.4、8. USB 3.2 Gen 1、9. USB 3.2 Type-Cが配置されています。
まとめ
以上、Vostro 15 5000(5501)について見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・15インチ液晶搭載ノートPC
・このクラスのノートPCとしてはスリム/軽量
・アルミ仕上げのボディを採用することで上質な質感を実現
・第10世代インテルCore(Ice Lake)プロセッサ搭載

15インチノートPCとしてはボディがコンパクト/軽量/スリムなので扱いやすいと思います。

また第10世代インテルCore(Ice Lake)プロセッサ+8GB or 16GBメモリ+SSDの組み合わせにより、基本性能は充実しているため、通常のビジネスワークでもたつきを感じるシーンは少ないと思います。
【Vostro 15 5000(5590)レビュー】
New Vostro 15 5000(5501)の先代モデルVostro 15 5000(5590)(15インチ液晶搭載のVostro 5000シリーズ)について解説しています。詳しくは、Vostro 15 5000(5590)レビューを参照してください。
dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

DELL様から、当サイト向けに特別クーポンを発行してもらえることになりました。このクーポンを利用すれば、法人向けモデルを最大25%オフで購入できます。Vostroデスクトップ/ノートブックに関してはなんと最大20%オフで購入可能!(クーポンの割引率が変更になったり、クーポンの発行自体が終了する可能性もあるのでご注意ください)

*詳細情報/クーポンコード/対象外機種については、サイト限定クーポン(DELL Webサイトにジャンプします)をクリック!

dell

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPCを購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイントがプレゼントされます

■購入額8万円(税抜)以上→3,000ポイント / ■購入額15万円(税抜)以上→7,500ポイント

通常の値引きにプラスする形でポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell
当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。