DELL XPSタワー(8920)レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
XPSタワー(8920)について解説します。
HOME > DELL製品情報 > XPSタワー(8920)レビュー
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
XPSタワーレビュー

XPSタワーはDELLの個人向けPCの中で最も高いパフォーマンスを誇るハイエンドシリーズXPSに属するデスクトップです。現在、インテル第7世代Coreプロセッサ搭載のXPSタワー(8920)が用意されています。

XPSタワー(8910)レビュー
XPSタワーは、ミニタワー型の筐体を採用しており、高い拡張性を備えています。

ここではXPSタワーの特徴・デザイン・性能等について詳しくチェックしています。

(*DELLパソコンの型番(8920)を確認する方法はこちらを参照してください)

【レビュー目次】
1)高いパフォーマンスを発揮できる
XPSタワーには通常エディションスペシャルエディションの2つのエディションが用意されています。


こちらは通常エディション。カラーリングはブラックです。

XPSタワー(8910)スペシャルエディション
こちらはスペシャルエディション。つや消しアルミ製シャーシを採用しており、より高級感のあるデザインになっています(スペシャルエディションのレビューはこちら)。

スペシャルエディションでは、グラフィックスに最先端のNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GGDR5/1070 8GB GDDR5 グラフィックスを搭載したモデルを用意。VRにも対応しており、高い描画処理能力を発揮できるよう設計されています。

ボディの大きさ、搭載している端子類などは、両エディションとも同じです。

XPSタワー(8920)/スペシャルエディションの主なスペックは次のとおり。

 
XPSタワー
(8920)
通常エディション
XPSタワー
スペシャルエディション
(8920)
OS
Windows 10 Home 64ビット
CPU
第7世代インテル Corei7-7700プロセッサー
(8M キャッシュ, 最大4.2 GHzまで可能) /
第7世代インテル Corei7-7700Kプロセッサー (8M キャッシュ, 最大4.5 GHzまで可能)
第7世代インテル Corei7-7700プロセッサー
(8M キャッシュ, 最大4.2 GHzまで可能) /
第7世代インテル Corei7-7700Kプロセッサー (8M キャッシュ, 最大4.5 GHzまで可能)
メモリ
8GB DDR4 2400MHz(4GB×2)
16GB DDR4 2400MHz(8GB×2)

16GB DDR4 2400MHz(8GB×2)

ストレージ
1TB 7200 rpm HDD/
2TB 7200 rpm HDD/
16GB インテル Optane メモリ accelerated 2TB 7200 RPM HDD/
256GB M.2 SSD + 2TB 7200 rpm HDD
256GB M.2 SSD + 2TB 7200 rpm HDD
グラフィックス
NVIDIA GeForce GT 1030 2GB DDR5
NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 4GB GDDR5
NVIDIA GeForce GTX 1060 8GB DDR5
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB DDR5/
NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB GDDR5
光学ドライブ
Tray load DVD ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)
ブルーレイディスクドライブ
Tray load DVD ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)
無線LAN/
Bluetooth
メモリスロット
DIMM×4
ベイ
HDDベイ x 3
ODDベイ x 1
SSD×1
PCIスロット
PCI Express x16
PCI Express x4
PCI Express x1 ×2
ポート類
背面:
USB 3.0ポート×3、USB 3.1ポート×1、USB 2.0ポート×2、USB 3.1 Type-Cポート×1、HDMI×1、DisplayPort×1、ギガビットイーサネット×1、オーディオポート(5.1チャネル、ジャック x 3)×1

前面:
USB 3.0ポート×4、マイク入力、ヘッドフォン、SDカードリーダー(SD、SDHC、SDXC)

寸法
幅180mm
×
高さ386.5mm
×
奥行き356mm
【XPSタワーのスペック】

CPUはインテル第7世代インテルCore i7プロセッサ搭載モデルを選択可能。

メモリの最大容量は16GB、ストレージは、1TB 7200 rpm HDD/2TB 7200 rpm HDD/16GB インテル Optane メモリ accelerated 2TB 7200 RPM HDD/256GB M.2 SSD + 2TB 7200 rpm HD の構成のいずれかを選択できます。

インテルOptane(「オプテイン」と発音します)メモリは、HDDを高速化するためのキャッシュメモリとして使用されます。

頻繁に使用するデータを保持するので、PCの速度向上に寄与します。

大容量/安価のHDDとインテルOptaneのハイブリッド構成にすれば、HDDのみの場合に比べて処理速度を向上できます。もちろんSSDの方が高速アクセス可能なのですが、よりコスパを重視するのであれば、HDDとインテルOptaneの組み合わせを検討するのもありだと思います。

グラフィックスには、3つのグラフィックスカード(NVIDIA GeForce GT 1030 2GB DDR5/NVIDIA GeForce GTX 1050Ti 4GB GDDR5/NVIDIA GeForce GTX 1060 8GB DDR5)のいずれかを搭載可能です。

ハイエンドなGTXシリーズを選択すれば、高い描写処理能力を発揮できます。

光学ドライブには、DVDスーパーマルチドライブの他に、ブルーレイドライブを搭載しているパッケージも用意されています(XPSタワーのパッケージ一覧はこちら)。

XPS 8900パッケージ一覧

また統合型5.1チャネルオーディオ(Waves MaxxAudioPro搭載)を搭載しているため、臨場感のあるサウンドを楽しむことが可能。

有線LAN端子に加えて、Bluetooth/WiFi機能を標準で装備。したがって、ワイヤレス環境が構築されていれば、ケーブルレスでネットに接続できます。



2)高い拡張性
XPSタワーは、ミニタワー型筐体を採用しているだけあって、高い拡張性を誇っています。

HDDベイは合計3つを搭載。最大でHDDを3台を構成可能です。光学ドライブを搭載できる5.25インチベイは1つです。


メモリスロットはDIMMスロットを4基搭載しています。最大64 GBをサポートします。

拡張スロットは、PCI Express x16が1基、PCI Express x4が1基、PCI Express x1が2基搭載されています。

3)多彩な端子を搭載
搭載している端子類は次のとおり。

■背面部:
USB 3.0ポート×3、USB 3.1ポート×1、USB 2.0ポート×2、USB 3.1 Type-Cポート×1、HDMI×1、DisplayPort×1、ギガビットイーサネット×1、オーディオポート(5.1チャネル、ジャック x 3)×1

■前面部: USB 3.0ポート×4、マイク入力、ヘッドフォン、SDカードリーダー(SD、SDHC、SDXC)

通常のUSB端子に加え、最新のUSB 3.1 Type-Cポートも1基搭載しています。

映像出力端子は、マザーボードにHDMI×1、DisplayPort×1を搭載。XPSタワーでは、複数のグラフィックカード搭載モデルを選べるので、選んだカードに応じて異なる出力端子を使うことができます。
4)各パーツをチェック

前面部。


表面は光沢加工になっており、すごく艶があります。

またすごく平べったい形状になっているのがわかります。


幅はなんとかつかめるぐらい。


こうして持ってみると、奥行きがコンパクトなつくりになっているのがよくわかります。


前面部の一番上に端子類が配置されています。

左から電源ボタン、SDカードリーダー、ヘッドホン端子、マイク端子、USB 3.0×4が搭載されてます。


端子類の下には光学ドライブが配置されています。


中央にはDELLのロゴ。


左下にはXPSのロゴが入っています。


上面部。これまでのDELLのXPSシリーズのデスクトップの場合、上面部に窪みがあり、モノを置けるようになっていたほか、端子類も配置されていましたが、このXPSタワーでは、何も配置されておらず、すっきりとしたつくりになっています。


上面部の後ろの方は通気孔になっています。


右側面部。


側面部と前面部の間に通気孔が配置されているのが見えます。


左側面部。通気孔が配置されています。


上面部の通気孔とつながっているのがわかりますね。


背面部。


右上に、サイドパネルリリースラッチが配置されています。ロックを解除した後、このラッチを手前に引くと、サイドパネルを簡単に外すことができます。


背面部上段の左には端子類、右には電源端子が配置されています。


USB 3.0ポート×3、USB 3.1ポート×1、USB 2.0ポート×2、USB 3.1 Type-Cポート×1、HDMI×1、DisplayPort×1、ギガビットイーサネット×1、オーディオポート(5.1チャネル、ジャック x 3)×1が配置されています。


下段には拡張スロットが配置されています。

このマシンには、NVIDIA GeForce GTX 750Tiが搭載されており、DVI端子×2、miniDisplayPortを使えます。



Mini DisplayPort/HDMI変換アダプタが同梱されているので、HDMIケーブルを使って接続できます。


この構成にはNVDIA GeForce GTX960が搭載されており、DVI-I、HDMI 2.0、DisplayPort 1.2 x 3が利用可能です。

5)容易にカスタマイズ可能

XPSタワーでは、サイドパネルを外して、容易にカスタマイズすることが可能です。


コンパクトさと容易なカスタマイズを両立させるために、電源ユニットをこんな風に引き出せる仕様になっています。


この結果、奥にあるマザーボードに容易にアクセスできるようになり、メモリやグラフィックカードのカスタマイズを簡単に実行することができます。

*筐体内部へのアクセス方法および各パーツの詳細については、XPSタワー筐体内部レビューを参照してください。
まとめ

以上、 XPSタワー(8920)の特徴について説明しました。まとめると次のとおり。

・第7世代Core i7プロセッサを搭載しており、高いパフォーマンスを発揮できる
・インテルOptaneメモリ搭載モデルを用意
・SSD搭載モデルも選択可能
・ミニタワー型筐体を採用することにより、高い拡張性を確保
・高性能なグラフィックスカードを搭載可能
・容易にカスタマイズ可能
・ブラックを基調とした落ち着いたデザイン


このように、XPSタワー(8920)は、パフォーマンスに優れたハイエンドマシンに仕上がっています。動画/画像の編集などの負荷のかかるタスクを快適にこなしたい人にお勧めです。

*詳しくは、XPSタワー(8920)DELL Webサイト)を参照してください。

オータムクリアランスセール実施中!秋の特別感謝モデルがお得。DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大17%オフになるキャンペーン実施中です!詳細については、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

対象
購入額
割引額
インテル Core i5・i7・i9 プロセッサー搭載モデル (Inspiron・XPS ノートパソコン、デスクトップパソコン)
-
17%オフ
Inspiron・XPS ノートパソコン、デスクトップパソコン(上記対象モデル以外)
6万円以上
13%オフ
6万円未満
5%オフ
dell
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600