DELL Inspiron 15 3000(3580/3583) 解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 15 3000(3580/3583)について詳しく解説します。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 15 3000(3580/3583)徹底解説
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
  • 用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
  • 液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
  • セキュリティ
  • ウイルス対策ソフト
  • サウンドシステム
  • BOSE
DELL
Inspiron 15 3000(3580/3583)徹底解説
Inspiron 15 3000(3580/3583)は15インチ液晶を搭載したノートPC。

InspironノートのエントリーシリーズInspiron 3000シリーズに位置づけられており、コストパフォーマンスを重視した構成になっています(→参考:Inspiron 3000シリーズの特徴/ラインアップ)。

3000シリーズは、価格の安さと実用性の高さからデルのノートPCで高い人気を誇るシリーズです。

Inspiron 15 3000(3580/3583)はCPUにCeleronプロセッサ/Pentiumプロセッサ搭載モデルを選択することができます。

(*DELLパソコンの4桁の型番(本モデルの場合「3580/3583」)を確認する方法はこちら)

Inspiron 15 3000(3580/3583)

*Inspiron 15 3000シリーズとして5つのモデル(3580/3583/3585/3593/3595)が用意されています。各モデルの違いについては、次の記事を参照してください。

→参考:New Inspiron 15 3000(3580/3581/3582/3585/3593/3595)のスペック比較
スペックをチェック!
【Inspiron 15 3000(3580/3583)の主なスペック】

Inspiron 15 3000(3580)とInspiron 15 3000(3583)の主なスペックは次のとおり。大きく異なる点として、Inspiron 15 3000(3580)は光学ドライブを搭載していますが、Inspiron 15 3000(3583)は非搭載。したがってInspiron 15 3000(3583)の方がボディがスリムで軽量化されています。

いずれのモデルも最小構成で3万円台を実現しており、価格重視の構成になっています。

 
Inspiron 15 3000(3580)
Inspiron 15 3000(3583)
OS
Windows 10 Home (64ビット) 日本語
Windows 10 Pro (64ビット) 日本語
Windows 10 Home(Sモード)64ビット 日本語
Windows 10 Pro (64ビット) 日本語
 液晶
(最大解像度)
15.6-インチ HD (1366 x 768) 非光沢 LED-バックライト 非-タッチ ディスプレイ
15.6-インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢 LED-バックライト
タッチパネル
×
×
CPU
インテル Celeron プロセッサー 4205U (2MB キャッシュ, 1.8 GHz)
インテル Pentium Gold プロセッサー 5405U (2MB キャッシュ, 2.3 GHz)
メモリ
4GB 1x4GB DDR4 2666MHz
4GB 1x4GB DDR4 2666MHz
ストレージ
1TB 5400 rpm 2.5インチ SATA HDD
128GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル UHD グラフィックス 610
インテル UHD グラフィックス 610
光学ドライブ
Tray load DVD ドライブ (Reads and Writes to DVD/CD)
なし
主な端子類
1×SDカードリーダー
1×USB 2.0
1×ウェッジシェイプ ロック スロット
1×LAN
1×HDMI 1.4b
2×USB 3.1 Gen 1
1×ヘッドフォン/マイク オーディオ入力ジャック
1×SDカードリーダー
1×USB 2.0
1×ウェッジシェイプ ロック スロット
1×LAN
1×HDMI 1.4b
2×USB 3.1 Gen 1
1×ヘッドフォン/マイク オーディオ入力ジャック
カラー
スパークリングホワイト/ブラック/カッパー/シルバー
スパークリングホワイト
寸法
高さ: 22.7 mm x 幅: 380.0 mm x 奥行き: 258.0 mm
高さ: 19.9 mm x 幅: 380.0 mm x 奥行き: 258.0 mm
最小重量
2.20kg
2.03kg
最小構成価格(税抜・配送料込)
35,980円
38,980円

Inspiron 15 3000(3583)では、OSにWindows 10 (S モード)搭載モデルを選択可能。Windows 10 (S モード)は、セキュリティを高めるため、Microsoft Storeからのアプリしか利用できない仕様になっていますが、Sモードは解除してWindows 10 Homeに移行することが可能です(一度移行したら、Sモードに戻ることはできません)。

CPUは、3580がCeleronプロセッサ、3583がPentiumプロセッサ搭載モデルを選択可能。

Inspiron 15 3000シリーズはエントリモデルに位置づけられ、コストパフォーマンスを重視するため、インテルのローエンドプロセッサであるCeleronプロセッサ搭載モデルおよびそれよりワンランク上のPentium搭載モデルが用意されています。

CPU
性能
価格
Celeron
低い
低い
Pentium
第9世代Core
第10世代Core(Comet Lake)
第10世代Core(Ice Lake)
高い
高い


Celeron/Pentiumプロセッサは、インテルCoreプロセッサと比べると非力のため、処理にもたつくことがあります。どうしても価格重視で、Web閲覧/動画再生といった、負荷が軽めのタスクがメインであれば、Celeron/Pentium搭載モデルを検討してみてもいいと思いますが、ある程度のパフォーマンスを確保したいのであれば、インテルCoreプロセッサ搭載モデルがオススメです。

メモリは4GB搭載モデルを選択可能。4GBのメモリ容量だと、Web閲覧/動画再生といった、比較的負荷が軽めのタスクであれば、それほどストレス無く処理できることが多いと思いますが、ちょっと負荷がかかると処理に時間がかかるシーンに出くわすことがあります。処理性能を重視するのであれば8GBメモリ搭載モデルを選ぶ方がいいと思います。

ストレージは3580がHDD搭載モデルを、3583がSSD搭載モデルを選択可能。SSDは、HDDと比べて、アクセスが高速/衝撃に強い、という特徴がありますが、選択できる容量は128GBのみ。OSやプリインストールされているアプリケーションで一定の容量が使用されているため、使える容量は少なめです。大容量データを保存する場合には、別途外付けのストレージを用意する必要があります。

グラフィックスはCPU内蔵タイプのみを搭載。より高性能なカードタイプは選択肢として用意されていません。

光学ドライブについては、3580がDVDドライブを搭載、3583は光学ドライブ非搭載となっています。最近は、DVDを使うケースが少なくなってきているので、使用頻度の低い人は、別途外付けのドライブを用意することで、非搭載モデルを選択するのもありだと思います。

非搭載モデルにすることで、ボディがスリム/軽量化されるので、扱いやすくなります。

液晶は15.6インチパネルを採用。3580がHD対応の1366×768ドットのパネル、3583がフルHD対応の1920×1080ドットのパネルを搭載したモデルを選べます。

より広い表示領域を確保したい場合や、より精細感の高い表示を実現したい場合には、解像度の高い1920×1080ドットのパネルを搭載したモデルがオススメです。

どちらのパネルも非光沢のアンチグレアパネルなので、照明などの映り込みが発生しにくく、目の疲れを軽減できます。

キーボードは個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。テンキーを搭載しているので、数字を頻繁に入力する必要がある場合に便利です。フルサイズなので窮屈さは感じないと思います。防滴キーボードなので、誤って飲み物をこぼしても安心です。

搭載している端子は、1×SDカードリーダー、1×USB 2.0、1×ウェッジシェイプ ロック スロット、1×LAN、1×HDMI 1.4b、2×USB 3.1 Gen 1、1×ヘッドフォン/マイク オーディオ入力ジャック。

New Inspiron 15 3000
右側面部(光学ドライブ搭載モデルの場合)。

1. SDカード リーダー | 2.USB 2.0 | 3.光学ディスク ドライブ | 4.ウェッジ型ロック スロット

New Inspiron 15 3000
左側面部。

5.電源 | 6.HDMI 1.4b | 7.RJ45 | 8.USB 3.1 Gen 1 | 9.USB 3.1 Gen 1 | 10.ヘッドフォンとマイク入力ジャック

カラーバリエーションは3580がスパークリングホワイト/ブラック/カッパー/シルバーの4色を用意。3583ではスパークリングホワイトのみ用意されています。

New Inspiron 15 3000
スパークリングホワイト。

New Inspiron 15 3000
ブラック。

New Inspiron 15 3000
カッパー。パソコンでこの色は珍しいですね。

New Inspiron 15 3000
シルバー。
まとめ
New Inspiron 15 3000
以上、Inspiron 15 3000(3580/3583)について解説しました。特徴をまとめると次のとおり。

・Celeronプロセッサ、Pentium搭載モデルを選択可能
・15インチ液晶を搭載
・光学ドライブ非搭載モデルを選択可能
・フルサイズキーボード搭載
・コストパフォーマンス重視の構成

*当機種には即納モデルが用意されています(2020年8月12日時点)(→即納モデルとは?)。

DELLの対象製品を注文する際にクーポンを利用すれば最大17%オフになるキャンペーン実施中です(2020/8/12(水)〜8/17(月)迄)!!詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

dell
dell

当サイト特別キャンペーン登場!通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表