DELL XPS 13(9380)(2019年モデル)レビュー

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
XPS 13(9380)について詳しく解説します。
HOME > DELLノートブック製品情報 > XPS 13(9380)レビュー
楽天スーパーポイント3,000ポイントプレゼントキャンペーン
楽天スーパーポイント7,500ポイントプレゼントキャンペーン
dell
DELLパソコン激安購入法
DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
DELLパソコンをインチで選ぶ
DELLパソコンを筐体で選ぶ
DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
DELLパソコンをランキングで選ぶ
DELLモニタを選ぶ
法人向けデルパソコン
デルパソコンカスタマイズ講座
他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
Surfaceモデル一覧
用途別パソコン一覧
液晶モニタ
セキュリティ
サウンドシステム
DELL
New XPS 13(9380)(2019年モデル)レビュー

New XPS 13(9380)(2019年モデル)は、DELLのハイエンドシリーズ(XPS)に属する13.3インチ液晶を搭載したモバイルノート(*DELLパソコンの4桁の型番(このモデルの場合は「9380」を確認する方法はこちら)。

XPS13(9370/2018年モデル)の後継モデルに位置づけられます。
XPS13(9370)レビューはこちら

New XPS 13(9380)
ボディ/デザインの特徴は先代モデル(9370)とほぼ同じです。液晶の枠(ベゼル)の幅が狭く、ボディが非常にスリムでコンパクトなボディに仕上がっています(XPS 13(9370/2018年モデル)とNew XPS 13(9380/2019年モデル)の詳細な比較はこちら)。

それでありながら、第8世代インテルCoreプロセッサ+PCIe NVMe SSDという高い基本性能を備えています。

New XPS 13(9380)の主な特徴は次のとおり。

・ベゼル幅が非常に狭く、スタイリッシュなデザインになっている
・最薄部7.8mm/最厚部11.6mm、重量1.23kgのスリムで軽量なボディを実現
・第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ+SSDの組み合わせにより高いパフォーマンスを発揮できる
・4Kパネル/タッチパネル搭載モデルが用意されている
・シルバー/ゴールド/ホワイトの3つのカラーリングを用意


ここではNew XPS 13(9380)の特徴・スペック等について詳しく解説します。

*DELL Webサイトの製品ページを確認する
New XPS 13(9380)詳細情報
【目次】
*ここに記載されているスペック・構成は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です。
1)スリム/コンパクトなボディを実現

New XPS 13(9380)では、液晶の外枠(ベゼル)が狭いデザインを採用。実際に計測してみたところ、左右の枠は約4mm、上の枠は約6mmの幅しかありません。


指と比べるとその狭さが際立ちます。

スリムベゼルのおかげで
・画面を見ているときにベゼルが気にならず画面への没入感が高まる
・外枠が狭くなることでボディがコンパクトになる

というメリットを享受できます。


A4サイズのノートと比べるとこんな感じ。


13インチ液晶搭載ノートPCとしては非常にコンパクトなつくりになっています。なのでフットプリントも小さく、あまり大きな場所を取りません。


取り回しもしやすいですね。


こんな感じで、脇に気軽に置いておけます。上の画像は27インチ液晶モニタの横に置いたところ。


ボディはコンパクトなうえに、非常にスリムに仕上がっています。


最薄部で7.8mm、最厚部でも11.6mmしかありません。


圧倒的な薄さを実現しています。


液晶を開いたところ。


重量は1.23kg(実測値)。すごく軽い!という感じではありませんが、ちょっと持ち歩く分には、まったく苦にならない重さです。


ボディがスリムなので、さっと持ち上げて気軽に持ち運ぶことが可能。


脇に抱えて持ってみたところ。ボディは滑りにくく、ホールド感がいいので、持ち歩きしやすいですね。


非常にスリムなので、かはんからの出し入れもすごくスムーズ。


鞄の中でもスペースをあまり取りません。

ディパックに入れると、あまり重さを感じません。外に持ち出したとき、存在を気にすることなく移動できました。


膝の上に置いてみました。左右がそれほどはみ出ないので、電車の座席など使っても、隣の人の邪魔になることはないと思います。

それほど重くないので、この状態で使っても疲れにくいですね。また、安定しているので、向こう側に倒れてしまう心配はないと思います。

この状態で使っても、液晶は見やすく、作業に支障はありません。ただし、画面は斜めから見放題です。のぞき見防止フィルターが必要になるでしょうね。



パームレスト部分に磁石が配置されています。鉄製の定規がくっつくので、磁石の存在に気づきました。どうやら、液晶部分を閉じて持ち歩くときに、液晶部分がパカパカ開かないようにするためみたいです。


アルミボディのため、堅牢性は非常に高いですね。片手で持っても、しっかりしていて、まったくよじれを感じません。

2)スタイリッシュなデザインに仕上がっている

XPS 13(9380)は、アルミブロックから削り出したボディを採用。 すごくスタイリッシュなデザインに仕上がっています。


アルミの質感がすごくいいですね。光が当たったときの反射が綺麗です。


マット調の質感になっているため、表面が滑りにくいです。なので、持ち上げるときにしっかりホールドできるので、滑って落としてしまう心配を減らせます。また表面に汚れや指紋がつきにくいのもいいですね。

天板の周辺部が少し丸みを帯びた形状になっており、触り心地がいいうえ、持ちやすいです。


背面部分は直線を基調とした、カチッとしたつくりになっています。


側面部および背面部は、光沢のあるメタルに挟まれた構造になっています。


この部分に光が反射し、デザイン面でのアクセントになっています。このおかげで、より洗練されたイメージを醸し出しています。


底面部分もアルミ製ボディにより高い質感を実現しています。


ボディ全体(天板および底面部)がアルミ製のため、統一感がありますね。


パームレストはカーボンファイバーと織り込みグラスファイバーで構成されています。折り込まれているため、触るとちょっとざらざらしています。このおかげで、手のひらを置いたときに、さらっとしてべとつかず、触っていて気持いいです。触ったときのひんやりした感じもありません。


天板部分のDELLマーク、


底面部のXPSのロゴ、


液晶下のDELLのロゴのシルバーが綺麗。さりげなく反射するのがいい感じです。

細かい所までデザインにこだわっていると思います。

3)3つのカラーリングを用意
カラーリングは、先代モデル(XPS 13(9370))で用意されていたプラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイトに加えて、本モデル(New XPS 13(9380))ではフロスト&アークティックホワイトが新たに用意されています(レビュー機はフロスト&アークティックホワイトです)。


上の画像の一番上がプラチナシルバー&ブラックモデル。天板部分がシルバー、キーボードおよび周辺部がブラックです。

下段の左がローズゴールド&アルペンホワイトモデル、右がフロスト&アークティックホワイトモデルです。「フロスト」とは英語で「霜」のことなので、霜をイメージしたカラーリングということですかね。シンプルな色合いが好きな人に受けそうです。


キーボード/周辺部がホワイトかブラックかで大きく印象が異なるのがわかります。


フロスト&アークティックホワイトモデル。

白のカラーリングがきれいで鮮やか。 温かみのある白ではなく、すっきりした白なのでシャープな印象を与えます。


液晶の外枠、キーボード/周辺部も鮮やかなホワイトです。


イベントにローズゴールド&アルペンホワイトが展示されていました。

こちらのモデルは天板部分が光沢感のあるゴールドになっています。こちらの方が高級感がありますね。


2つのカラーリングモデルを並べてみました。


いずれも液晶の外枠/キーボード/周辺部はホワイトで、並べてみてそんなに大きな違いは感じませんでした。


底面部も天板部と同じカラーリングを採用しています。


こちらはプラチナシルバー&ブラック(写真はXPS 13(9370)です)。
4)充実した基本構成
New XPS 13(9380)の主なスペックは次のとおり。

 
New XPS 13
(9380/2019年モデル)
CPU
第8世代インテルCore i3-8145U
(4MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能, 2 コア)/
第8世代インテルCore i5-8265U
(6MB キャッシュ, 最大 3.9 GHz まで可能, 4 コア)/
第8世代インテルCore i7-8565U
(8MB キャッシュ, 最大 4.6 GHz まで可能, 4 コア)
メモリ
4GB/8GB/16GB LPDDR3
ストレージ
128GB/256GB/512GB PCIe NVMe SSD
 液晶
13.3インチ
解像度
■フルHD(1920×1080)

■4K Ultra HD(3840x2160)タッチパネル
主な端子類
2×Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)
1×USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
1×MicroSDカード リーダー
1×ヘッドフォン ジャック
カメラ
液晶上部
顔認証
×
カラー
プラチナシルバー&ブラック/
ローズゴールド&アルペンホワイト/
フロスト&アークティックホワイト
寸法
高さ: 7.8〜11.6 mm x 幅: 302 mmx 奥行き: 199 mm
最小重量
1.23Kg
最小構成価格
(税抜・配送料込)
126,980円

CPUは、高速処理が可能な第8世代Core i3/i5/i7プロセッサ搭載モデルを用意。

各プロセッサの詳細は次のとおり。

CPU 第8世代インテル Core i3-8145U
第8世代インテル Core i5-8265U 第8世代インテル Core i7-8565U
コアの数 2 4 4
スレッドの数 4 8 8
プロセッサー・ベース動作周波数 2.10GHz 1.60GHz 1.80GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.90GHz 3.90GHz 4.60GHz
キャッシュ 4MB 6MB 8MB



インテルCore i3-8145Uではコアを2つ、Core i5-8265U/i7-8565Uではコアを4つを搭載。

基本的には、コアの数が多いほど、同時に処理できるタスクの数が増えるため、マルチタスクの処理性能の向上が期待できます。

メモリは4GB/8GB/16GB搭載モデルを選択可能。価格重視ということであれば4GBメモリ搭載モデルもありだと思いますが、ちょっと負荷のかかるタスクであれば処理にもたつく可能性があるため、安定したパフォーマンスを期待するのであれば8GG以上のメモリを搭載したモデルがオススメです。

ストレージはSSDのみ。しかも、SATA接続タイプよりも高速アクセス可能なPCIe SSD搭載モデルを搭載しています。容量は128GB/256GB/512GB搭載モデルを選択可能。

価格重視だと128GBですが、OSや基本アプリで占められる容量を考えると、128GBだとちょっと心許ない場合が出てきます。外付けストレージで補う手もありますが、速度にこだわるのであれば、256GB/512GB搭載モデルを最初から選んでおくのが、使い勝手の観点からもベターでしょうね。

光学ドライブは搭載されていません。

搭載している端子類は、2×Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)、1×USB-Type-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)、1×MicroSDカード リーダー、1×ヘッドフォン ジャック

Thunderbolt 3対応Type-Cポートにより、ノートパソコンの充電、デバイスへの接続(最大2台の4Kディスプレイへの接続サポートを含む(DisplayPort使用))が可能です(DisplayPort デバイスの接続には、USB Type-C - DisplayPort アダプタ(別売り)が必要です)。

さらにThunderbolt 3対応デバイスと接続することで、USB 3.0の約8倍となる最大40Gbpsでのデータ転送が可能になります。


New XPS 13(9380)にはUSB-Type-C端子のみが搭載されており、レガシーのUSB Type-A端子は搭載されていません。しかし、USB-C - USB-A 3.0アダプタが1つ同梱されているので、このアダプタを使えば、従来のUSBデバイスを利用できます。


長さは約12.5cmあり、本体に接続すると結構スペースを取ります。

LAN端子は搭載されていないので有線でネットに接続する環境を構築している場合には注意が必要です。

ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応しています。

バッテリ駆動時間は最大21時間を確保(フルHDモデルの場合)。外出中もバッテリ切れの心配をすることなく作業に集中できます。


指紋リーダーが電源ボタンに内蔵されているため、セキュリティを確保できます。パスワードを入力しなくても、電源ボタンを押すだけでログインできます。

5)パフォーマンスをチェック
XPS 13(9380)のパフォーマンスをチェックしてみました。レビュー機のスペックは次のとおり。

【プラチナハイエンド・4Kタッチパネル】
CPU:第8世代インテルCore i7-8565Uプロセッサ
メモリ:16GB
ストレージ:512GB PCIe NVMe SSD
グラフィックス:インテルUHDグラフィックス620


この記事執筆時点で最も性能の高い構成です。


CPUの性能をチェックするCINEBENCHベンチマークのスコア。

CPU:551cb→500点台を記録しており、ノートPCとしては十分なレベルのスコアを記録しています。


ストレージの性能をチェックするCrystalDiskMarkベンチマークソフトのスコア。高速アクセスできるPCIe NVMe SSDを搭載しているだけあって高いスコアを記録しています。

WEB閲覧、動画再生といった、それほど負荷のかからないタスクであれば、すごく快適に処理できます。サクサク動くので、ストレスフリーで作業に集中できます。

次に、描画処理能力を必要とするゲームのベンチマークテストを実行してみました。



負荷が軽めのゲーム「ドラゴンクエストX」のベンチマークソフトを実行してみました。スコアは次のとおり。

画質
解像度
スコア
評価
最高品質
1280×720
7867
とても快適
標準品質
1920×1080
4750
普通



負荷が中程度のゲーム「ファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレータ」のベンチマークソフトの結果は次のとおり。

画質
解像度
スコア
評価
高品質
(ノートPC)
1280×780
2744
やや快適
標準品質
(ノートPC)
1920×1080
2018
普通

解像度/画質を抑えめにすれば快適に楽しめるという結果が出ています。

ベンチマークテストの実行時はマシンに負荷がかかるため、ファンの風切り音が大きくなるため、少し騒音が気になります。すごくうるさいというところまではいっていませんが、静かな環境ではちょっと気になるかもしれません。

ただしWeb閲覧、動画再生といった標準的なタスクを実行する際には音は気になりません。


ずっと使っていると底面部の通気口あたりが熱を持ってきますが、ぼくが使った限りにおいては、膝の上で作業していてもすごく熱いという感じはしないです。ちょっと温まってきたかな、という感じ。

オフの状態から起動されるまでの時間(電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまで)を計測してみました。

■1回目→20.30秒 / ■2回目→20.00秒 / ■3回目→20.70秒

起動が速いので、それほど待つことなく使いたいときにすぐに使い始めることができます。スリープ状態の場合には、即座に使用を再開することができます。


XPS 13(9380)には、Dell Power Managerというツールが利用可能です。

このツールを使って、高度な充電(バッテリ寿命の最適化)/ピークシフト/サーマル管理/バッテリエクステンダ/アラート設定の5つの項目を管理できます。左に表示されるメニューから各項目にアクセスできます。


特に便利だと感じたのが「サーマル管理」。使用状況に応じて、「最適化」「低音」「静音」「超高パフォーマンス」の4つの熱設定から選択できます。

通常は「最適化」に設定しておき、静かな環境で使う場合には「静音」、パフォーマンス重視なら「超高パフォーマンス」、というように選べるのは便利だと思います。
6)パッケージ別のスペック
New XPS 13(9380)では、現在、スタンダード/プレミアム/プラチナ/プラチナ・4Kタッチパネル/プラチナハイエンド・4Kタッチパネルの5つのパッケージが用意されています。それぞれのスペックは次のとおり。

 
スタンダード
プレミアム
プラチナ
プラチナ・
4Kタッチパネル
プラチナハイエンド・
4Kタッチパネル
 液晶
13.3インチ
解像度
フルHD
(1920×1080)
4K Ultra HD(3840x2160)タッチパネル
CPU
第8世代インテルCore i3-8145U
第8世代インテルCore i5-8265U
第8世代インテルCore i7-8565U
メモリ
4GB
LPDDR3
8GB
LPDDR3
16GB
LPDDR3
ストレージ
128GB
PCIe NVMe SSD
256GB
PCIe NVMe SSD
512GB
PCIe NVMe SSD
カラー
プラチナシルバー&ブラック
プラチナシルバー&ブラック/
ローズゴールド&アルペンホワイト/
フロスト&アークティックホワイト
最小構成価格
(税抜・配送料込)
126,980円
152,980円
162,980円
187,980円
212,980円


液晶の解像度/CPU/メモリ容量/ストレージ容量/カラーリングの5つの項目で、異なるパーツ構成のパッケージを選べます。

特筆すべきは、安さを重視したスタンダードパッケージを用意した点。インテルCore i3+4GBメモリ+PCIe NVMe SSDという構成は、パフォーマンスを重視したい人にはちょっと物足りませんが、Web閲覧や動画再生といった、比較的負荷の軽いタスクをメインに行う人にとっては、十分な構成だと思います。

ストレージ容量が128GBしかないので、容量が足りなくなる可能性が出てきますが、外付けのストレージを接続すればそれで十分だと、いうことであれば、価格重視で選ぶのもありだと思います。ただしカラーリングは、渋めのプラチナシルバー&ブラックしか選べません。

7)XPS 13(9370/2018年モデル)とNew XPS 13(9380/2019年モデル)の比較
XPS 13(9370/2018年モデル)とNew XPS 13(9380/2019年モデル)の主なスペックを比較してみましょう。

2018年モデルでは、最小構成がインテルCore i5/8GBメモリ/256GB SSDだったのですが、2019年モデルでは最小構成がCore i3/4GBメモリ/128GB SSDに設定されており、性能はほどほどでいいから安く手に入れたい、というニーズに応える仕様になっています。

2018年モデルとの主な違いとして、2019年モデルは、
・Webカメラが液晶上部に移動
・Whiskey Lake-Uプロセッサを搭載
・新しいカラーリングモデル(フロスト&アークティックホワイト)が登場
・インテルCore i3プロセッサ+4GBメモリ搭載のコスパ重視モデルを用意

という点が挙げられます。

違いについて詳しく見ていきます。

 
XPS 13
(9370/2018年モデル)
New XPS 13
(9380/2019年モデル)
CPU
第8世代インテルCore i5-8250U/
第8世代インテルCore i7-8550U
第8世代インテルCore i3-8145U /
第8世代インテルCore i5-8265U/
第8世代インテルCore i7-8565U
メモリ
8GB/16GB LPDDR3
4GB/8GB/16GB LPDDR3
ストレージ
256GB/512GB/1TB PCIe NVMe SSD
128GB/256GB/512GB PCIe NVMe SSD
 液晶
13.3インチ
解像度
■フルHD(1920×1080)

■4K Ultra HD(3840x2160)タッチパネル
主な端子類
2×Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)
1×USB-C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)
1×MicroSDカード リーダー
1×ヘッドフォン ジャック
カメラ
液晶下部
液晶上部
顔認証
×
カラー
プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイト
プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイト/フロスト&アークティックホワイト
寸法
高さ: 7.8〜11.6 mm x 幅: 302 mmx 奥行き: 199 mm
最小重量
1.21Kg
1.23Kg
最小構成価格
(税抜・配送料込)
149,980円
126,980円


前述したように、ボディの大きさは同じ、重量もほぼ同じです。主な違いは次のとおり。

【CPU】
New XPS 13(9380/2019年モデル)では第8世代インテルCore i3/i5/i7プロッサ(Whiskey Lake)搭載モデルを選択可能。2018年モデルではCore i3搭載モデルは用意されていませんでした。

【メモリ】
New XPS 13(9380/2019年モデル)では4GBメモリ搭載モデルが用意されています。負荷のかかる作業を快適に処理するのであれば8GB以上のメモリを積んだ方がいいと思いますが、負荷の軽いタスク(Web閲覧/動画再生/ExcelやWordなどの操作)がメインであれば、価格を抑えるために4GBメモリを選択するというのはありだと思います。

【ストレージ】
New XPS 13(9380/2019年モデル)では、128GB SSD搭載モデルを選択可能。SSDはいずれも、SATA接続タイプよりも高速アクセスできるPCIe NVMe SSDです。

ぶっちゃけ、128GBだと、容量の大きなデータを扱うには不安ですが、大容量データは、別に用意したUSBストレージや外部HDDなどで扱うと割り切るのであれば、安く購入するために128GB搭載モデルを選択するというのもありだと思います。

【カメラ】
New XPS 13(9380/2019年モデル)の最も大きな特徴として、Webカメラが液晶上部に配置されている点が挙げられます。


どういうことかというと、先代モデルでは液晶上部のフレーム部分にWebカメラを配置できず、液晶下部に配置せざるを得ませんでした。


この結果、カメラの画角が見上げる形になり、映し出される映像も当然、下から見上げる感じになります。なのでカメラ映りを気にする人には不評だったのですが、New XPS 13(9380/2019年モデル)では液晶上部に配置されるため、自然な角度で撮影することが可能になります。

Webカメラを使ってみましたが、精細はそこそこ高め。全画面表示にするとちょっと粗目ですが、小さめの画面に表示するには十分なレベルだと思います。

下から見上げる形ではないので不自然ではありません。鼻の穴も気にならないと思います。よくこれだけ小さなモジュールで撮影できるなと思います。

【顔認証】
狭いところにWebカメラを配置したため、New XPS 13(9380/2019年モデル)では赤外線カメラが搭載できなかったようです。New XPS 13(9380/2019年モデル)の製品詳細ページ、ユーザーマニュアルで赤外線カメラの存在を確認できませんでした。なので、2019年モデルは顔認証に対応していないと思われます。

【カラーリング】
XPS 13 (9370/2018年モデル)では、プラチナシルバー&ブラック/ローズゴールド&アルペンホワイトの2つのカラーリングモデルが用意されていましたが、New XPS 13(9380/2019年モデル)ではこの2つに加え、フロスト&アークティックホワイトが新たに用意されました。
8)Dell Cinemaテクノロジーを実装
XPS 13(9380)はDELL Cinemaテクノロジーを実装しています。

DELL Cinemaテクノロジーとは、CinemaColor/CinemaStream/CinemaSoundの3つで構成されており、カラー/ストリーミング/サウンドのレベルを引き上げることで、快適に動画を楽しめるよう設計されています。

【カラー】

CinemaColor。同梱されているアプリケーションで、状況に合わせて色合いを変更できます。

次の4つのモードを選択できます。オフにすることも可能です。
・動画→コントラストが高くなる。より深みのある色合いになる
・夜間→暗めの画面になる
・スポーツ→よりくっきりとした表示になる
・アニメーション→色が鮮やか

【ストリーミング】

ストリーミングに関しては、同梱されるKILLER Control Centerで、調整が可能。優先的に帯域幅を使いたいアプリケーションを選択することができます。

【サウンド】

スピーカーは左右の側面部に1つずつ配置されています。



この位置にスピーカーがあると手で音が遮られることがありません。

XPS 13(9380)には、MaxxAudioProが搭載されており、最適なチューニングが施されています。MaxxAudioProはオフにすることもできるのですが、オンにすると、音質が向上し、サウンドに厚みが出るのがわかります。

実際にサウンドを聴いてみましたが、高音と低音のバランスがいいです。そんなにシャカシャカした感じはしません。スリムノートPCとしては十分なレベルの音質だと思います。 ただし、ちょっとこもった感じがします。クリア感はあまり高くありません。


同梱されているMaxxAudioProアプリケーションを使って、音を独自にチューニングすることも、事前定義されたプロファイルの中から最適なものを選択することもできます。
9)各パーツをチェック
New XPS 13(9380)の各パーツをチェックします。


液晶は13.3インチパネルを搭載。

液晶
フルHD(1920×1080)
4K Ultra HD(3840x2160)
タッチパネル
×
リフレッシュレート
60Hz
60Hz

フルHDパネル搭載モデル/4Kパネル搭載モデルを選択可能(レビュー機は4Kパネル搭載モデル)。いずれも光沢パネルを採用。4Kパネルはタッチパネルです(ユーザーマニュアルには、フルHD+タッチパネルの構成が記載されていますが、Webの製品ページには見当たりませんでした)。

ちょっと操作するときにタッチできるのはやっぱり便利。タッチの反応はすごく良好です。

ディスプレイの表面は強度の高いCorning Gorilla Glass 4を採用しているため、傷がつきにくく、安心してタッチ操作できます。


4Kパネルでは、非常に精細感の高い表示が可能です。視野角も広めです。


表示はすごく綺麗で、色の表現も鮮やか。 100%のsRGBカラーカバレッジを実現しています。黒もしっかり表現されるため、コントラストも高く、映像を堪能できます。


輝度が400ニットの明るいディスプレイを採用しています。したがって、逆光でも、明るい野外でも、視認性が高く、見づらく感じることはありません。


ただし光沢パネルを採用しているため、照明などの映り込みは発生しやすいです。適宜、液晶の角度を調整する必要があります。


キーボードは個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。


半角/全角キーがちょっと小さめなほか、


Enterキーの左隣のキーも小さめです。


頻繁に利用するEnterキーは大きめのため、打ちやすいです。


キーストロークは1.3mm。スリムノートPCですが、しっかりストロークが確保されていると感じました。


反発も適度な感じですごく打ちやすいです。打鍵感は柔らかめです。

打鍵音はカチャカチャという感じではなく、タンタンという感じ。小気味いい感じなのでそんなに耳障りではないですね。

キートップはちょっとつるつるしていますが それほど滑りやすい感じはないです。


キーピッチは約19mm。


デスクトップPCのキーボードと同程度のキーピッチを確保しているので、窮屈さは感じません。


キーボードは少し傾斜しています。


画面の輝度調整ボタンは、ファンクションキー(キーボードの一番上に配置されている小さめのキー)に配置されていることが多いのですが、XPS13(9380)ではキーボード右下の矢印キーの上下ボタンに配置されています。最初はちょっとまごつきました・・・


キーボードにはバックライトが装備されています。キートップの文字も浮かび上がるタイプなので見やすいと思います。


明るさは2段階の調整が可能。


タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。タッチパッドは大きめ。

実際に操作してみると、表面がつるつるしており、触った感触がすごくなめらかなので、操作しやすいですね。

ピタッと思ったところにポインタを移動できるのでストレス無く作業できます。


クリックボタンの反応も良好。押し込み幅は結構深めのため、しっかり押し込めます。ちょっとクリック音が大きめかもしれません。


でもマウスがあった方が作業効率はアップできると思います。Bluetooth接続のマウスならケーブルがないので使いやすいです。


右側面部。

写真の左(本体手前)から順にスピーカー、MicroSDカードリーダー、USB-Type C 3.1(電力供給およびDisplayPort対応)、ヘッドセットジャックが配置されています。




SDカードは使えず、microSDカードしか利用できません。


microSDを装着したところ。ほぼカード全体が収まっています。取り出すときはカードを奥に押し込めば、ロックが解除され少し飛びだしてくるので、引っ張り出すことができます。


左側面部。

写真の左(本体手奥)から順に、ウェッジシェイプ・ロック・スロット、Thunderbolt 3対応USB Type-C(電力供給およびDisplayPort対応)×2、バッテリーゲージインジケーター、スピーカーが配置されています。


バッテリーゲージインジケータの横にあるボタンを押すとバッテリ残量が5段階で表示されます。電源オフの状態でもバッテリ残量をチェックできるのですごく便利です。ただしボタンが小さいのでちょっと押しづらいです・・・


電源ケーブルはUSB Type-C端子を使って接続するタイプを採用しています。XPS13(9380)は左に2つ、右に1つのUSB Type-C端子を搭載していますが、そのいずれの端子に接続しても充電することができます。


左右側面部のすべての端子類にケーブル/デバイスを接続してみました。

本体手前側には端子類が配置されていないため、キーボードを操作するときに、デバイス/ケーブル類が邪魔になることはないと思います。

XPS 13(9380)では、スリム化のため、HDMIなどの映像出力端子が搭載されていませんが、USB Type-C端子を使って外部モニタに出力することが可能です。


USB Type-C端子に、ぼくが使っているUSB Type-C/HDMI変換アダプタを接続して、4Kテレビにつなげてみました。


問題なく4K出力できます。3つのUSB-TypeC端子すべて4Kの解像度での外部出力が可能でした。


前面部。中央にステータスライト、左右にマイクが配置されています。マイク穴が4つ設けられているのがわかります。

前面部に、液晶を開くときに指を入れる窪みはないので、ちょっと開けづらいですね・・・


ステータスライトは、充電時は白色に点灯します。


バッテリ残量が少なくなると、橙色に点灯するので、バッテリ残量が少ないことを警告してくれます。


背面部に端子類は配置されていません。


背面部の奥に通気孔が隠されています。


底面部。通気孔が配置されているのがわかります。

ゴム足が長めで横一列に配置されているため、ボディをしっかりと支えてくれます。

底面部に継ぎ目はなく、簡単には筐体内部にアクセスできない仕様になっています。バッテリは内蔵されています。
10)同梱物をチェック
XPS 13(9380)の同梱物をチェックします。


ACアダプタと電源ケーブル。


ACアダプタは手のひらに収まる大きさ。非常にコンパクトです。


厚みはこんな感じ。


ケーブルをACアダプタに巻きつけることができます。ストッパも用意されています。ただし、束ねるのが結構面倒で時間がかかります。


前述したように、電源ケーブルはUSB Type-C端子に接続するタイプです。


電源ケーブルとACアダプタを合わせた重量は243g。


ACアダプタケーブルの長さは約180cm。電源ケーブルの長さは約83cmです。


電源ケーブルはちょっと太め。頑丈なつくりになっているので破損する恐れは少ないと思いますが、曲がりにくく、取り回しはしづらいです。


USB TypeA-Type-C変換アダプタが1つ同梱されます。


紙のガイド。各パーツの紹介など、最小限のことしか記載されていません。


XPS 13(9380)は、綺麗な化粧箱に収納されて届きます。
まとめ

以上、New XPS 13(9380)について詳しく見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・ベゼル幅が非常に狭く、スタイリッシュなデザインになっている
・最薄部7.8mm/最厚部11.6mm、重量1.23kgのスリムで軽量なボディを実現
・第8世代インテルCore i3/i5/i7プロセッサ+SSDの組み合わせにより高いパフォーマンスを発揮できる
・4Kパネル/タッチパネル搭載モデルが用意されている
・シルバー/ゴールド/ホワイトの3つのカラーリングを用意。


13.3インチ液晶搭載ノートPCとしては非常にスリムでコンパクト。アルミボディとベゼルレスデザインにより、スタイリッシュなボディに仕上がっています。

性能も高く、キーボード/タッチパッドも使いやすいため、パフォーマンスにこだわる人でも安心して使うことができます。

従来モデルの弱点であったWebカメラの位置も改良されており、非常に完成度の高いモバイルPCに仕上がっていると思います。

デザイン/性能/実用性にこだわったモバイルノートPCを探している人にオススメです。

*詳しくは、New XPS 13(9380)詳細情報(DELL Webサイトにジャンプします)を参照してください。

【XPS 13(9370)レビュー】
New XPS 13(9380)の先代モデルXPS 13(9370)の特徴について解説しています。前述したとおり、ボディのサイズ/デザインはほぼ同じなので参考になる部分が多いと思います。詳しくはXPS 13(9370)レビューを参照してください。

当サイト特別キャンペーン登場!DELL個人/法人向けPC(90,000円(税抜)以上)を購入する際に、当サイト専用ページ経由で購入すれば、楽天スーパーポイント3,000ポイントがプレゼントされます(2019年5月7日(火) 10時〜)。

通常の値引きにプラスする形で3,000ポイントもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイント3,000ポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【お客様感謝セール】実施中!DELLの対象製品をオンラインストアで注文する際にクーポンを利用すれば、最大17%オフになるキャンペーン実施中です(6/17(月)迄)!!詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

対象
購入額
割引額
今週のおすすめノートパソコン:

Inspiron 13 5370・New Inspiron 13 5390 (LTE) New Inspiron 13 5390 (Wi-Fi)・Inspiron 14 5480 Inspiron 14 5482 2-in-1・New Inspiron 15 5583 New Inspiron 17 3780・
Dell G
-
17%オフ
上記以外の製品
6万円以上
15%オフ
6万円未満
5%オフ
dell
Google

サイト内を検索
ブログ内を検索
WWW を検索
DELLラインアップ シリーズ早見表
DELLラインアップ デスクトップ早見表 ノートブック早見表
デル最新情報満載のブログもチェック!
dellcampaign5_120x600