DELL Inspiron 15 5000(5505) 解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 15 5000(5505)について詳しく解説します。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 15 5000(5505)の特徴解説
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
  • 用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
  • 液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
  • セキュリティ
  • ウイルス対策ソフト
  • サウンドシステム
  • BOSE
DELL
Inspiron 15 5000(5505)の特徴解説
Inspiron 15 5000(5505)は15.6インチ液晶を搭載したコンパクトタイプのノートPC。

InspironノートPCのミドルクラスのInspiron 5000シリーズに位置づけられており、性能と価格のバランスの取れた構成に仕上がっています。

Inspiron 5000シリーズ最新モデル一覧
デル15インチノートPC最新モデル一覧

Inspiron 15 5000(5505)
シリーズ
 
特徴

Inspiron

3000シリーズ


上位
シリーズ
コストパフォーマンスに優れたエントリシリーズ
5000シリーズ Inspironシリーズの中間に位置づけられるミッドレンジシリーズ
7000シリーズ Inspironの中で最も性能にこだわったシリーズ
XPS 美しいデザインと高性能を両立させたスタイリッシュなノートシリーズ
Inspiron 15 5000(5505)の主な特徴は次のとおり。

・15.6インチ液晶搭載ノートPC
・アルミ製カバーを採用
・コスパに優れたAMD Ryzen 4000シリーズプロセッサを搭載

ここではInspiron 15 5000(5505)の特徴・スペック等について詳しく解説します

【目次】
dell
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。
1)15インチ液晶搭載ノートPC

Inspiron 15 5000(5505)は15.6インチ液晶搭載ノートPC。厚さは最厚部でも17.9mmしかありません。重量は最小構成で1.714kg。一般的な15インチノートPCの重量が約2kgですから、それと比べると軽めのボディに仕上がっています。


カラーリングは、プラチナシルバーとリバーロックの2つを用意。
アルミニウム製のカバーとパームレストを採用しているため、樹脂製ボディに比べて高い質感を実現しています(写真は同じInsiron 5000シリーズのInspiron 14 5000(5401))。
2)スペックをチェック(AMD Ryzenプロセッサを搭載)
Inspiron 15 5000(5505)の主なスペックをチェックしてみましょう。

【Inspiron 15 5000(5505))の主なスペック】
 
Inspiron 15 5000(5505)
 液晶
(最大解像度)
15.6インチ
非光沢
(1920×1080)
タッチパネル
×
CPU
AMD Ryzen 5 4500Uモバイルプロセッサー
AMD Ryzen 7 4700Uモバイルプロセッサー 
メモリ
8GB, 8Gx1, DDR4, 3200MHz
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD/
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
AMD Radeon グラフィックス (CPU内蔵)
光学ドライブ
-
主な端子類
2 x USB 3.2 Gen1ポート
1 x USB 3.2 Gen1 Type-Cポート(DisplayPortおよびPowerDelivery搭載)
1 x ヘッドセット(ヘッドホンおよびマイクロフォンのコンボ)ポート
1 x HDMI 1.4ポート
1 x microSDカード スロット
カラー
プラチナシルバー
リバーロック
寸法
高さ: 13.67-17.90mm x 幅: 356.1mm x 奥行き: 234.5mm
最小構成重量
1.714kg
最小構成価格
(税抜・配送料込)
69,980円

CPUにAMD Ryzen 4000シリーズプロッサ(Ryzen 5 4500U/Ryzen 7 4700Uプロッサ)を搭載したモデルが用意されています。各プロセッサの主な詳細は次のとおりです。

CPU
Ryzen 5 4500U
Ryzen 7 4700U
コアの数 6 8
スレッドの数 6 8
基本クロック 2.3GHz 2.0GHz
最大ブーストクロック 4.0GHz 4.1GHz
TDP 15W 15W

AMD Ryzen 4000シリーズプロセッサは、コストパフォーマンスが高いため、より低価格で一定のパフォーマンスを発揮することが可能です。コア数が多いため、マルチタスク処理も得意です。

各メディアの情報をチェックしていますが、AMD Ryzen4000シリーズプロセッサのパフォーマンスはかなり高いようで、大きな話題となっています。

AMD Ryzen 5 4500Uと第10世代インテルCore i5/i7プロセッサの性能を比較してみました(他のノートPCのベンチマークスコアなのであくまで参考としてください)

CPU
CINEBENCH R20
(CPU:pts)
AMD Ryzen 5 4500U 2276
インテル Core i5-1035G1 1324
インテルCore i7-1065G7 1726

CPUの性能をチェックするCINEBENCH R20ベンチマークのCPUのスコア(pts)は上の表のとおり。AMD Ryzen 5 4500Uは、第10世代インテルCore I5-1035G1、Core i7-1065G7よりも高いスコアを記録。高いパフォーマンスを発揮できるのがわかります。

メモリは8GB搭載モデルを選択可能。このクラスのノートであれば、8GBのメモリで十分だと思います。

 
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。
ストレージは256GB/512GB SSD搭載モデルを選択可能。HDD搭載モデルは用意されていません。

グラフィックスは、CPU内蔵タイプのAMD Radeonグラフィックスのみを使用可能。より高性能なディスクリートタイプのグラフィックスは用意されていません。

パッケージ別のスペックは次のとおり。

 
プレミアム
プラチナ
 液晶
(最大解像度)
15.6インチ
非光沢
(1920×1080)
CPU
AMD Ryzen 5 4500Uモバイルプロセッサー
AMD Ryzen 7 4700Uモバイルプロセッサー 
メモリ
8GB, 8Gx1, DDR4, 3200MHz
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
AMD Radeon グラフィックス (CPU内蔵)
最小構成価格 (税抜・配送料込)
69,980円
89,980円

(*上記金額はクーポン適用前の金額のため、クーポンを適用すれば、さらに安く購入できます)

現在、プレミアム/プラチナの2つのパッケージが用意されています(それぞれのパッケージには、Office無し/付きモデルが用意されています)。

スペックが異なるのはCPU/SSDの容量の2つ。

【プレミアム】
AMD Ryzen 5 4500Uの価格性能比が高いので、価格重視であればプレミアムモデルがおすすめ。ただし、SSDの容量が256GBなので、大容量データを大量に保存したい、という場合には、ちょっと容量が足りないかもしれません。その場合、別途外付けのストレージの購入を検討してみてもいいでしょう。

【プラチナ】
CPUの性能はAMD Ryzen 7 4700Uの方が高いので、性能重視であればプラチナモデルがオススメです。ストレージ容量も、プレミアムの倍の512GBを搭載しているので、ストレージ残量を気にせず使うことができると思います。

Inspiron 15 5000(5505)は高性能グラフィックスは搭載できないため、Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生といった、比較的負荷の軽いタスクを実行することが多いと思います。

こうした使い方をするのであれば、価格重視でプレミアムを選択するのはありだと思います。

■プレミアム→コスパ重視の人向け(おすすめ)
■プラチナ→性能重視およびストレージの容量を重視する人向け
3)使い勝手をチェック
■リフトヒンジ採用
Inspiron 15 5000(5505)では、リフトヒンジを採用。ディスプレイを開くと、ディスプレイの底の部分が接地する形になり、キーボードと机の間にスペースができます。これによりエアフローが改善されます。
ディスプレイをある程度開くと、ディスプレイの底の部分が接地する形になり、キーボードと机の間にスペースができます。これによりエアフローが改善されます(写真はInspiron 14 5000(5401))。
■搭載している端子類
搭載している端子類は、
HDMI1.4×1
USB 3.2 Gen 1 Type-C(DisplayPort/PowerDelivery対応対応)×1
USB 3.2 Gen 1×2
ユニバーサル・オーディオ・ジャック×1
microSDカードリーダー
です。

有線LAN端子は用意されていないので、有線でネットに接続する場合には注意が必要です。
Inspiron 15 5000(5505)に搭載されているUSB端子は次のとおり。
USB端子
最大転送速度
本モデルでの搭載
個数/場所
USB 2.0 Type-A 0.48Gbps × -
USB 3.2 Gen 1 Type-A 5 Gbps 2個/
左側面部・
右側面部
USB 3.2 Gen 2 Type-A 10 Gbps × -
USB 3.2 Gen 1 Type-C 5 Gbps 1個/左側面部
従来から使われているUSB Type-A端子(2個)に加えて、より小さくて前後の向きのないType-C端子(1個)を搭載。
USB Type-C
説明
本モデルでの対応
備考
Alt Mode-DisplayPort 外部映像出力可能 Alt mode対応のUSB Type-Cケーブル必要
PowerDelivery対応 最大100Wまでの受給電可能 高速充電可能
Thunderbolt 3 最大40Gbpsで転送可能 × Thunderbolt 3対応機器と接続する必要あり
Inspiron 15 5000(5505)に搭載されているUSB Type-C端子で利用可能な機能は上の表のとおり。Alit Mode DisplayPortとPowerDeliveryに対応しているため、USB TypeC端子を使って、外部映像出力および受給電が可能です。
■外部映像出力
Inspiron 15 5000(5505)に搭載されている映像出力端子は次のとおり。
映像出力端子
個数/場所
用途
備考
HDMI 1.4 1個/左側面部 映像+音声 -
USB Type-C
(Alt Mode-DisplayPort対応)
1個/左側面部
映像+音声
本モデルはUSB Power Deliveryに対応してるので、ケーブル一本で映像出力と充電が可能
外部映像出力端子を使って、外部モニタに接続することで、大画面にデータを表示できるようになるため、作業効率をアップできます。
■指紋認証(オプション)
キーボード右上の電源ボタンが配置されていますが、ボタン部分にオプション(+1,300円)で指紋認証センサーを搭載可能。

指紋認証センサー搭載モデルを選択すると、キーボードを使わず認証できるため、安全性を高めつつ、ストレス無く使い始めることができます。
■急速充電対応
Inspiron 15 5000(5505)は急速充電に対応しています。ExpressChargeにより、60分で最大80%の充電が可能です。
4)各パーツをチェック
ディスプレイには15.6インチパネルを搭載。最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドット。
非光沢パネルを採用しています。
 
メリット
デメリット
光沢パネル ・色の表現が鮮やかなので、映像/画像を楽しめる ・照明など、周りの物の映り込みが発生しやすい。
・ぎらつきが多いので、長時間見続けた時の目への負担が大きい
非光沢パネル ・映り込みが発生しにくいので、いちいちディスプレイの角度を調整しなくてもいい
・ぎらつきが少ないので目への負担が軽い
・光沢パネルと比べて、色の表現が淡い感じになる
非光沢パネルは、映り込みが発生しにくく、長時間見続けたときの眼の疲れを軽減できます。
キーボード(写真は英語キーボードですが、販売モデルには日本語キーボードが搭載されています)。テンキーを搭載しています。

マニュアルによるとキーピッチ(キー間の距離)は18.7mm。フルサイズのキーボード(19mm)と比べると若干狭めですが、このぐらいの差であれば、そんなに窮屈な感じはないと思います。

タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。
右側面部。1)MicroSDカードリーダー、2)USB 3.2 Gen 1、3)ヘッドホン/マイクロフォンコンボ端子が配置されています。
左側面部。4)電源ジャック、5)HDMI 1.4、6)USB 3.2 Gen 1、7)USB 3.2 Gen 1 Type-C(DisplayPort/PowerDelivery対応)が配置されています。
まとめ
以上、Inspiron 15 5000(5505)について見てきました。特徴をまとめると次のとおり。

・15.6インチ液晶搭載ノートPC
・アルミ製カバーを採用
・コスパに優れたAMD Ryzen 4000シリーズプロセッサを搭載

AMD Ryzenプロセッサを搭載することにより、高いコストパフォーマンスを実現しています。使い勝手が良くて、価格の安い大画面ノートPCを探している人にオススメです。
【Inspiron 14 5000(5401)レビュー】
Inspiron 15 5000(5505)と同じInspiron 5000シリーズに属し、同時期に発売されたInspiron 14 5000(5401)について詳しく解説しています。液晶の大きさが違うほか(5401は14インチ、5505は15インチ)、5401はインテルCoreプロセッサ、5505はAMD Ryzenプロセッサを搭載しているという違いがありますが、その他の部分では共通しているところが多い(アルミカバーを採用/端子類が同じなど)ので、レビューは参考になると思います。詳しくはInspiron 14 5000(5401)購入レビューを参照してください。

DELLの対象製品を注文する際にクーポンを利用すれば最大18%オフになるキャンペーン実施中です(2020/10/20(火)〜10/26(月)迄)!!詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

dell

当サイト特別キャンペーン登場!通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。