DELL Inspiron 13 7000(7300)解説

DELLパソコンの購入に役立つ情報を提供するサイトです。
Inspiron 13 7000(7300)について解説しています。
HOME > DELLノート製品情報 > Inspiron 13 7000(7300)の特徴解説
  • デル即納モデル
  • 楽天スーパーポイントプレゼントキャンペーン
  • dell
  • DELLパソコン激安購入法
  • DELLデスクトップパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLノートブックパソコンをシリーズで選ぶ
  • DELLパソコンをインチで選ぶ
  • DELLパソコンを筐体で選ぶ
  • DELLパソコンをキャンペーンで選ぶ
  • DELLパソコンをランキングで選ぶ
  • DELLモニタを選ぶ
  • 法人向けデルパソコン
  • デルパソコンカスタマイズ講座
  • 他社パソコン比較購入ガイド
  • HP比較購入ガイド
  • レッツノート比較購入ガイド
  • 富士通パソコン比較購入ガイド
  • NEC比較購入ガイド
  • マウスコンピューター比較購入ガイド
  • ドスパラ
  • 東芝比較購入ガイド
  • レノボ比較購入ガイド
  • Microsoft Surface
  • 用途別パソコン一覧
  • Chromebook(クロームブック)
  • ウルトラブック
  • 液晶モニタ
  • ナナオ液晶モニタ(EIZO)
  • セキュリティ
  • ウイルス対策ソフト
  • サウンドシステム
  • BOSE
DELL
Inspiron 13 7000(7300)の特徴解説
Inspiron 13 7000(7391)は、13.3インチ液晶搭載のモバイルノートPC。最小構成で999gという軽さを実現しています。

Inspironシリーズの最上位に位置づけられる7000シリーズに属しています(→Inspiron 7000シリーズの特徴・モデル一覧はこちら)
Inspiron 13 7000(7300)
シリーズ
 
特徴

Inspiron

3000シリーズ


上位
シリーズ
コストパフォーマンスに優れたエントリシリーズ
5000シリーズ Inspironシリーズの中間に位置づけられるミッドレンジシリーズ
7000シリーズ Inspironの中で最も性能にこだわったシリーズ
XPS 美しいデザインと高性能を両立させたスタイリッシュなノートシリーズ
Gシリーズ 高い描画処理能力を発揮できるゲーミングシリーズ
Inspiron 13 7000(7300)の主な特徴は次のとおり。

・ボディにマグネシウム合金を用いることで999gの軽さを実現
・最厚部で16.5mmしかないスリムデザイン
・第11世代インテルCore i5/i7プロセッサ(Tiger Lake)搭載モデルを選択可能
・Thunderbolt 4対応端子を搭載

非常に軽く/スリムなボディに仕上がっており、携帯性に優れているのが大きな特徴です。

ここでは、Inspiron 13 7000(7300)の特徴・スペック・使い勝手等について詳しく解説したいと思います。

(*DELLパソコンの4桁の型番(本モデルの場合「7300」)を確認する方法はこちら)
【レビュー目次】
*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずDELL Webサイトでご確認ください。
dell
1)最小構成で999gという軽さを実現
Inspiron 13 7000(7300)は、非常に軽いマグネシウム合金をボディに採用することで、最小構成で999gという軽さを実現しています。
このぐらい軽ければ、外に持ち出すモバイルノートPCとして存分に使うことが可能。何よりも軽さを重視したい人にオススメです。

また厚さが最厚部でも16.5mmしかなく、非常にスリムなボディに仕上がっています。また液晶の外枠(ベゼル)がスリムになっているデザインを採用しているため、コンパクトボディを実現。掴みやすく、持ち運びしやすいと思います。
マグネシウム合金は、軽いだけでなく頑丈で耐久性に優れた素材なので、安心して使うことが可能。
カラーリングはプラチナシルバーのみを用意。落ち着いたカラーなので、どこででも違和感なく使えると思います。
2)スペックをチェック(Tiger Lake搭載)
Inspiron 13 7000(7300)の主なスペックは次のとおり。

【Inspiron 13 7000(7300)の主なスペック】

 
Inspiron 13 7000(7300)
液晶
13.3インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢 ノンタッチ, 300nits 100%sRGB スリムベゼル 広視野角 ディスプレイ
CPU
第11世代 インテル Core i5-1135G7 プロセッサー (8MB キャッシュ, 最大 4.2 GHzまで可能)

第11世代 インテル Core i7-1165G7 プロセッサー (12MB キャッシュ, 最大 4.7 GHzまで可能)
メモリ
8GB, オンボード, LPDDR4x, 4267MHz
16GB, オンボード, LPDDR4x, 4267MHz
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
1TB M.2 PCIe NVMe SSD
光学ドライブ
グラフィックス
インテル Iris Xe グラフィックス 共有 グラフィックス メモリー 付き

NVIDIA GeForce MX350 with 2GB GDDR5 グラフィックス メモリー
搭載端子
1×HDMI 2.0
1×USB 3.2 Gen 2 Type-C(DisplayPort/PowerDelivery/Thundebolt 4対応)
2×USB 3.2 Gen 1
1×MicroSDカード リーダー
1× ヘッドフォンおよびマイク オーディオ ジャック
1× 電源ジャック
寸法
(mm)
高さ:14.98〜16.5 mm x 幅:304.1 mm x 奥行き:197.65 mm 
最小重量
(kg)
0.999 kg
最小構成価格
(税抜・配送料込)
104,980円

(ここに記載されている価格は、クーポン適用前の価格です。実際に購入する際には、提供されているクーポン分の値引きの適用を受けることができます)

【CPU】
CPUにインテル第11世代Core i5-1135G7/Core i7-1165G7プロセッサ(Tiger Lake)を搭載したモデルが用意されています。各プロセッサの主な詳細は次のとおりです。

CPU 第11世代インテルCore i5-1135G7 第11世代インテルCore i7-1165G7
コアの数 4 4
スレッドの数 8 8
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 4.20GHz 4.70GHz
キャッシュ 8MB 12MB
オペレーティングレンジ 12-28W 12-28W


【メモリ】
メモリは8GB/16GB搭載モデルを用意。8GBのメモリ容量があれば、Web閲覧/動画再生といった、一般的なタスクは快適に処理できると思います。メインの作業が、それほど負荷がかからないものであれば8GBメモリ搭載モデル、描画処理能力を必要とするタスクを行う、マルチタスクを快適に処理したいのなら16GBメモリ搭載モデルがオススメです。

メモリ容量  
説明
8GB  


快適
一般的なタスク(Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生)であれば、それほどストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。
16GB 3Dゲーム、動画/画像編集といった、負荷のかかる処理を快適に実行したい場合には、16GB以上のメモリを積むことをオススメします。

【ストレージ】
ストレージは、SSDのみを搭載。HDDは選択できません。SSDの方が高速アクセスできるうえ、耐衝撃性に優れるため、HDDよりも使い勝手は上です。

 
価格
アクセス速度
耐衝撃性
静音性
重量
HDD
従来から使われていたストレージ。大容量化が進み、SSDと比べて安価で大容量のデータを保存できます。ただし、データ転送速度はSSDよりも遅いです。
SSD
HDDよりもデータ転送速度が圧倒的に速いため、全体的なパフォーマンス向上につながります。ただし、HDDと比べて高価なため、同じ価格だと少ない容量しか積めません。

容量は256GB/512GB/1TB搭載モデルを選択可能。256GB搭載モデルの場合、OSやすでにインストール済みのアプリケーションで占有される領域を除くと、使える容量が少ないので、大容量データを扱う場合には注意が必要です。

【グラフィックス】
グラフィックスには、CPU内蔵タイプのインテル Iris Xeグラフィックスに加えて、NVIDIA GeForce MX350搭載モデルを選択可能。

グラフィックス
性能
用途
本モデルで選択可能
CPU内蔵タイプ  


高い
動画再生
NVIDIA GeForce MXシリーズ 動画再生/軽めのゲーム
NVIDIA GeForce GTX16シリーズ ゲーム/動画・画像編集 ×
NVIDIA GeForce RTX20シリーズ 負荷のかかる
ゲーム/動画・画像編集
×

一般的にCPU内蔵グラフィックスよりも、NVIDIA GeForce MXシリーズの方が描画処理能力は上ですが、NVIDIA GeForce MXシリーズでも、本格的なゲームを楽しむには性能が足りていません。ゲーム/動画・画像編集を本格的に扱うなら、GeForce GTX16/RTX20シリーズを搭載したモデルの中から選択することをオススメします。

【光学ドライブ】
光学ドライブは非搭載です。

【まとめ】
Inspiron 13 7000(7300)は、モバイルノートPCとして軽さを売りにしているモデルですが、基本構成は充実していると思います。最小構成のインテルCore i5-1135G7プロセッサ+8GBメモリ+256GB SSDという構成でも、Web閲覧/ビジネスアプリの操作/動画再生といった、比較的負荷のかからないタスクであれば、特に問題なく処理できるレベルのパフォーマンスを発揮できると思います。
パッケージ別のスペックは次のとおり。

【Inspiron 13 7000(7300)のパッケージ別のスペック】
 
プレミアム
プレミアム(大容量SSD搭載)
プラチナ
プラチナ
(大容量メモリー&SSD・MX350搭載)
 液晶
(最大解像度)
13.3インチ
(1920×1080)
タッチパネル
×
CPU
第11世代 インテル Core i5-1135G7
第11世代 インテル Core i7-1165G7 
メモリ
8GB,1x8GB,
DDR4,4267MHz
16GB,
DDR4,4267MHz
ストレージ
256GB M.2 PCIe NVMe SSD
512GB M.2 PCIe NVMe SSD
1TB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス
インテル Iris Xe グラフィックス
NVIDIA GeForce MX350 with 2GB GDDR5グラフィックスメモリ
カラーリング
プラチナシルバー
最小構成価格
104,980円
111,980円
121,980円
141,980円

現在、プレミアム/プラチナ(大容量SSD)/プラチナ/プラチナ(大容量メモリー&SSD・MX350搭載)の4つのパッケージが用意されています。

スペックが異なるのはCPU/メモリ容量/SSD容量/グラフィックスの4つ。

価格重視であればプレミアム、SSDの容量を増やしたければプレミアム(大容量SSD)、処理性能を高めたければCore i7搭載のプラチナ、性能に妥協したくなければハイエンドのプラチナ(大容量メモリー&SSD・MX350搭載)がおすすめです。
3)特徴をチェック
Inspiron 13 7000(7300)の特徴をチェックします。
【リフトヒンジ採用】
Inspiron 13 7000(7300)では、液晶を傾けると背面部が接地するリフトヒンジを採用。リフトヒンジのおかげで、底面部と机との間にスペースができ、エアフローを改善することで、熱による影響を最小限に抑えることができます。またキーボードに傾きができることで、キーが打ちやすくなります。
【搭載している端子類】
Inspiron 13 7000(7300)に搭載されている端子類は次のとおり。

1×HDMI 2.0
1×USB 3.2 Gen 2 Type-C(DisplayPort/PowerDelivery/Thundebolt 4対応)
2×USB 3.2 Gen 1
1×MicroSDカード リーダー
1× ヘッドフォンおよびマイク オーディオ ジャック
1× 電源ジャック
【搭載されているUSB端子類】
USB端子
個数/場所
最大転送速度
USB 3.1 Gen 1 Type-A 1個/左側面部
1個/右側面部
5 Gbps
USB 3.2 Gen 2 Type-C 1個/左側面部 10 Gbps
従来からあるType-A端子が2個、前後の向きのないType-C端子が1個搭載されています。
【USB Type-C端子の機能】
Inspiron 13 7000(7300)にはUSB Type-C端子が1個搭載されていますが、次のような機能を備えています。
USB Type-C
本モデルでの対応
備考
Alt Mode-DisplayPort 外部映像出力可能 Alt mode対応のUSB Type-Cケーブル必要
PowerDelivery対応 受給電可能 高速充電可能
Thunderbolt 4 最大40Gbpsで転送可能 Thunderbolt 4対応機器と接続する必要あり
Alt Mode-DisplayPortに対応しているため、外部映像出力が可能。

さらにPowerDeliveryにも対応しているため、充電も可能。

USB Type-C入力端子を搭載したモニタであれば、対応するUSB Type-Cケーブルを接続することにより、外部映像出力と充電を一本のケーブルで済ますことができるため、非常に便利です。

外出先から戻ってきたら、USB Type-Cケーブル1本つなぐだけで、大画面モニタに接続しつつ、充電も行えます。

→参考:USB TypeCケーブルでモニタに接続した状況を説明(DELL U2720Q)
またThunderbolt 4にも対応。従来の規格であるThunderbolt 3と比べると、最大転送可能速度は40Gbpsで同じですが、Thunderbolt 3では40Gbpsの速度でデータ転送が可能なケーブルは最長0.8mでしたが、Thunderbolt 4では最長2mまで対応しています。
【プライバシーシャッター搭載】
Inspiron 13 7000(7300)は、液晶上部にWebカメラを搭載していますが、プライバシーシャッターを採用。カメラ上部にあるスライドを指でずらすだけで、簡単にWebカメラを使用できないようにすることができます。これにより、画像・流出問題を回避することができ、プライバシーを保護できます。
【指紋認証付き】
キーボード右上に配置されている電源ボタンに指紋認証センサーが搭載されており、指紋認証によるログインが可能。キーボードを使わなくてもログインできるほか、セキュリティを高めることができます。
4)各パーツをチェック
Inspiron 13 7000(7300)の各パーツをチェックします。
【液晶】
液晶は13.3インチパネルを搭載。最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドットです。タッチパネルは非搭載。
sRGB色域を100%カバーしており、広い色範囲を表示できます。また広視野角パネルのため、斜め方向からでも見え方が変化しないと思われます。輝度が300nitと明るいパネルを採用しているため、より鮮やかな表示が可能なほか、明るい野外でも液晶表示が見やすいです。
【キーボード】
テンキーは非搭載。マニュアルによると、キーボードのキーピッチ(キー間の距離)は18.7mm。フルサイズのキーボードのキーピッチが19mmですから、それよりは若干狭くなっていますが、使い勝手は悪くないと思います。
【右側面部】
左から順に、1)microSD カード スロット 、2)ヘッドセット ポート、3)USB 3.2 Gen 1 ポートが配置されています。
【左側面部】
左から順に、1)電源アダプター ポート 、2)電源およびバッテリーステータスライト、3)HDMI ポート、4) USB 3.2 Gen 1 ポート 、5)Power Delivery 搭載 Thunderbolt 4(USB Type-C)ポートが配置されています。
【底面部】
通気孔が配置されているのがわかります。
まとめ

以上、Inspiron 13 7000(7300)について解説しました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・ボディにマグネシウム合金を用いることで999gの軽さを実現
・最厚部で16.5mmしかないスリムデザイン
・第11世代インテルCore i5/i7プロセッサ(Tiger Lake)搭載モデルを選択可能
・Thunderbolt 4対応端子を搭載
・シルバーをベースとした落ち着いたデザイン
・スリムベゼル採用


やはり999gという軽さを実現しているのが最大の特徴。いろんなところに持ち出して使いたいニーズをお持ちの方にオススメです。マグネシウム合金を用いることで堅牢性も確保しているので、出歩くときに不安に感じるシーンも少ないと思います。

性能面でも、第11世代インテルCoreプロセッサ+8GBメモリ or 16GBメモリ+SSDという構成は、モバイルノートPCとしては十分だと思います。

気軽に持ち歩けるモバイルノートを探しており、堅牢性に加えて性能面も妥協したくない人にオススメです。

*当機種には即納モデルが用意されています(2021年1月22日時点)(→即納モデルとは?)。

新春セール開催中!DELLの対象製品を注文する際にクーポンを利用すれば最大17%オフになるキャンペーン実施中です(2021年1月25日(月)迄)!!

詳細情報/クーポンコードについては、【個人向け】お買い得情報 (DELL Webページ)を参照してください。

dell
dell

当サイト特別キャンペーン登場!通常の値引きにプラスする形で楽天スーパーポイントをもらえるので非常にお得です!!詳細については、「楽天スーパーポイントをゲットする方法」を参照してください。

dell

【即納モデルがおすすめ!】新型コロナウイルスの影響でPCが手元に届くまでの期間が長くなっています。デルでは即納モデルが用意されており、最短で翌日に手元に届きます。詳しくは、「デル即納モデルについて詳しく解説:即納モデルを注文したら翌日届きました!」を参照してください。

当サイトではデルパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしています。